特集

牛舎近くの岡山・美咲町の太陽光、ロボット洗浄の効果は?

売電額の1%弱で約9000枚を洗い、売電額は1割弱増える

2020/07/22 05:00
加藤 伸一=日経BP 総合研究所 クリーンテックラボ
印刷用ページ

 岡山県久米郡美咲町の山あいに、太陽光パネルの出力が約2.37MW、連系出力が1.98MWのメガソーラー(大規模太陽光発電所)「PVNext EBH 美咲町発電所」がある。

 このメガソーラーで6月中旬、太陽光パネルの洗浄が実施された。9130枚の太陽光パネルすべてを純水で洗った(図1)。

クリックすると拡大した画像が開きます
クリックすると拡大した画像が開きます
クリックすると拡大した画像が開きます
クリックすると拡大した画像が開きます
図1●9130枚の太陽光パネルを純水で洗った
色の違いからも汚れが落ちていることがわかる。このアレイは、奥から手前に向けて洗浄している(出所:日経BP)

 発電事業者は、特定目的会社(SPC)のヴェガ・ソーラー合同会社で、エンバイオ・ホールディングス(エンバイオHD)が全株を所有している。

 元々、ネクストエナジー・アンド・リソース(長野県駒ケ根市)と共同で開発した発電所で、エンバイオHDは当初からSPCに出資していた。2015年9月に売電を開始した後、2018年3月にエンバイオHDがネクストエナジーの持ち分を買い取った。

 「PVNext EBH 美咲町発電所」は、山あいに位置し、北隣りに牛舎が立地している(図2)。売電を開始してから、太陽光パネルの表面を覆うカバーガラスが汚れたり、度々割れたりしており、その対応に悩んでいた。

クリックすると拡大した画像が開きます
クリックすると拡大した画像が開きます
クリックすると拡大した画像が開きます
図2●山あいにあり、牛舎が近くカラスの飛来も多い
(出所:上と中は日経BP、下はエンバイオHD)
クリックすると拡大した画像が開きます

 汚れは、山林特有の草木や土に伴うものに加えて、牛の餌を目当てに牛舎に集まってくるカラスのフンによるものだった。カバーガラスが割れる原因は、そのカラスが石をくわえて飛来し、太陽光パネル上空から落とすことだった。

 まず、カラスの飛来に対策を打った。上空に向けて光を発するLEDライトを備えた機器を架台の高い位置に取り付け、カラスの嫌がる色やパターンの光を上空に向けてランダムに発する。この対策がある程度効き、カバーガラスが割れる太陽光パネルの数は激減した。

  • 記事ランキング