特集

予防保全を徹底、理想は「変動要因は気象のみ」、オリックスのO&M子会社

洗浄を年1回、パワコンの基幹部品まで備蓄

2020/11/25 07:00
加藤 伸一=日経BP 総合研究所 クリーンテックラボ
印刷用ページ

 太陽光発電所の理想的な運営や管理の姿は、発電ロスは常に最小で、不具合が起きる可能性を最小に抑えており、かつ、安全性もできるだけ高いというものである。

 発電設備の状態を細かく把握することで、高い精度で発電量を予想できる利点にもつながる。

 そのためには、発電所の運営に関する状況を網羅的に把握し、例えば、不具合であれば、わずかな兆候の段階で根本的に対処することが望ましい。自らコントロールできない敷地外の原因によるトラブルについても、迅速な対応が必要になる。

 こうした運営は、火力発電などの既存の電源や、大規模なプラントや工場などでは、比較的高い水準で実現されていると思われる。

 太陽光発電でも、こうした理想的な運営を目指す発想を持つ発電事業者はいる。しかし、歴史が浅く、O&M(運用・保守)の知見やインフラも限られているため、現時点でこうした運営を実現できている発電所は少ない。

 一部、ベンチャー企業や同族経営の中小企業などで、企業トップがこのような発想を強く持ち、トップダウンでこうした運営を志している例があるが、現時点では珍しい例となっている(関連コラム1:エネルギー・ITベンチャーによる「不良ゼロ」目指すメガソーラー、同コラム2:「水を抜く池」で低圧・水上太陽光、「両面発電」「パネル毎監視」も採用、同コラム3:「きめ細かな保守」で事業性を高める、みやま市・佐賀市のメガソーラー)。

 このような中、国内トップクラスの運営規模を持つ、オリックスグループのオリックス・リニューアブルエナジー・マネジメント(OREM:東京都江東区)が、こうした理想的な運営に取り組んでいる(図1)。

クリックすると拡大した画像が開きます
図1●太陽光パネルと接続箱の点検の様子
図1●太陽光パネルと接続箱の点検の様子
(出所:オリックス・リニューアブルエナジー・マネジメント)
クリックすると拡大した画像が開きます

 OREMは、オリックスグループが運営している太陽光発電所のアセットマネジメント(AM)やO&Mサービスを担当している。2018年に設立された。

 オリックスは、国内でトップクラスの規模で太陽光発電所を開発・運営しており、OREMがO&Mを担当している太陽光発電所は86カ所・合計出力約450MWに達する。

 同社は、AMに関わりながらO&Mを受託することにこだわる。これによって、理想的に近い発電所運用を実現できると考えているからだ。

 一般的な太陽光発電のO&Mサービス企業の場合、年1回の巡視・点検や、緊急時の現地への駆けつけ、年に何回と回数を決めた草刈りといった内容でサービスを提供している。

 中には、現地で気づいたことやその適切な対処策を発電事業者に助言するO&Mサービス事業者もある。しかし、それでも、あくまで発電事業者に対してO&Mに関わる「作業の提供」「トラブルへの単発の対応」の範囲にとどまってしまう。

  • 記事ランキング