特集

予防保全を徹底、理想は「変動要因は気象のみ」、オリックスのO&M子会社(page 3)

洗浄を年1回、パワコンの基幹部品まで備蓄

2020/11/25 07:00
加藤 伸一=日経BP 総合研究所 クリーンテックラボ
印刷用ページ

年に1回は洗浄とドローン

 OREMでは、受託しているそれぞれの発電所で年に1回、太陽光パネルの洗浄と、ドローン(無人小型飛行体)を使った空撮による点検を実施している(図4)。

クリックすると拡大した画像が開きます
図4●太陽光パネルの洗浄の様子
(出所:オリックス・リニューアブルエナジー・マネジメント)
クリックすると拡大した画像が開きます

 洗浄を年1回、実施するのは、太陽光パネルをできるだけきれいな状態に保っておきたいという意向による。

 日本では1~2週に一度は雨が降るため、雨水によって汚れが流れ落ちる。その効果を当てにし、ある程度の汚れは容認している発電所がほとんどである。

 こうした中で、同社は、その効果も利用した上で、極力、常にきれいな太陽光パネルで発電できる状態を提供したいと考えている。費用対効果も考えた上、年1回は洗浄する方針を採っている。

 立地上、汚れやすい発電所については、回数を増やしている。

 逆に、ほとんど汚れが目立たないため、一度も洗浄していない発電所も1カ所だけある。北海道更別村の十勝スピードウェイ内の遊休地にある出力約22MWのサイトで、太陽光パネル下側のアルミフレームの段差脇にすら汚れが溜まらないため、洗浄を見送っている。

 このように、フレーム脇の汚れすらためたくない、というのが同社の考え方という。太陽光パネルメーカーが推奨している「きれいな状態で使用すること」という条件をできるだけ維持する。その背景には、将来、パネルの交換が必要となった場合、パネルメーカーとの交渉に生きるという読みもある。

 ドローンを使った太陽光パネルの点検も、年に1度、実施している。2018年から受託している発電所は3巡目に入っている。

 赤外線カメラで空撮した熱分布画像から、異常のある太陽光パネルやストリング(パネルを接続した単位)を発見し、原因と状況の深刻度を把握する。その場所ごとに改善策やその策による収益改善効果の見通しなどを見極めて実行する。

 福岡県大牟田市にある太陽光パネル出力約14.3MWのメガソーラーでは、2018年、2019年に各1回のドローン点検と修繕を実施し、年間で700万円以上の収益改善効果を生んだという。

 2018年のドローン空撮と解析で約100万円を要した。この時、1117カ所の異常を発見した。異常箇所のうち、修繕に要するコスト以上に発電収益の改善が見込まれる場所に絞って約200万円を投じて修繕した。この結果、日射量を前年と同量に調整した数値で比べた年間700万円以上の収益改善効果があった。

 1年後、2019年のドローン点検では、異常を発見した場所が219カ所と約5分の1と大幅に減った(関連コラム)。

 毎年ドローン点検を実施することで、年次の健康診断のように、その時点での状態をデジタルデータ化して時系列で比べられるようになる。

 その都度、空撮画像を発電所の売電ロスを減らす手がかりにするとともに、翌年の空撮画像からは、前年のドローン点検で発見した異常箇所のうち、修繕した場所が、適切に改善できていることを発電事業者と共有することもできる。

 こうした改善効果の社内や発電事業者との情報共有が、ドローンの活用で実現できた利点の1つだった。

 もし、改善策を講じていなかったら、ひと目でそれがわかる。適切に改善策を講じていることも、ひと目で理解してもらえる。こうした良い意味での「緊張関係」は、デジタル化によって初めて実現できるもので、今後、より広い範囲で応用したいという。

 洗浄とドローン点検については、O&M全般の受託ではなく、単発でも受託する方針である。

 洗浄では、2020年は約600MWを実施する予定で、2021年には約1GWに拡大していく。2021年の目標の約1GWのうち、約700MWはすでに受注済みとなっている。

 洗浄サービスの単価は300円/kWで、一般的なサービスの500円/kWに対して安価としている。

 ここでは、スケールメリットが生きている。オリックスのメガソーラーのO&M分だけでも洗浄作業を担う各地の委託企業(パートナー企業)にとっては規模の大きな取引となる。

 お互いに利点の大きい取引となるよう、パートナー企業に発注する手法を工夫している。例えば、1つのパートナー企業に対して依頼回数が多く、かつ、年度の初めに一定の規模で発注するなど、パートナー企業にとって利点が大きく、安定的な事業にできるように心がけているという。

 雑草対策については、太陽光発電所ごとの状況に合わせて、乗用型やラジコン型の効率的な草刈機や刈払機のほか、除草剤など幅広い手法を活用している(図5)。

クリックすると拡大した画像が開きます
図5●ラジコン型草刈機を使った除草の様子
(出所:オリックス・リニューアブルエナジー・マネジメント)
クリックすると拡大した画像が開きます
  • 記事ランキング