特集

無人・自動で日常的に直流回路を点検、太陽光のスマート保安技術(page 2)

アイテスが開発、屋根上向けで東北電力と実証

2021/05/27 06:00
加藤 伸一=日経BP 総合研究所 クリーンテックラボ
印刷用ページ

 アイテスでは、最初のターゲットを屋根上太陽光としている。野立て太陽光に比べて、立地制約もあって適切に点検されていないことが多い。

 太陽光パネルが屋根材の直上に固定され、その下に電線が敷設されているために、パネルの裏面や電線の状態を簡単に確認できないことも大きい。そもそも、住宅太陽光では、所有者に点検の意識が薄い。その分、自動点検システムを普及させる意義が大きい。

 すでに住宅太陽光については、消費者庁が2019年1月、火災などに関する報告書を公開し、経済産業大臣と消費者庁長官に対する「意見」も公表している(関連コラム1:「住宅太陽光の火災事故はパネルの不良にも起因」、同コラム2:不良パネルは、こうして発火・延焼した!)。

 関連製品や施工に関する内容とともに、「バイパス回路の常時通電や断線といった異常な状態を検知して使用者に警告する機能を付加すること」「安全性の向上と点検コストの低減に寄与する遠隔監視システムを開発すること」という、遠隔による点検の必要性を指摘する内容が含まれている。

 アイテスの開発は、この要求に応えるシステムでもある。

 もう1つ、屋根上太陽光の点検で喫緊の課題となっているのが、いわゆる「第三者所有モデル」の設備という。

 建物や住宅の所有者が屋根上を貸し、そこに第三者が太陽光を設置し、電力供給契約(PPA)に基づいて、発電電力を住人に提供する仕組みである。

 この場合、発電事業者は、他者の建物のために立ち入りに制約がある。安全上の懸念や、近隣との関係、さらに建物内外に関する情報漏洩のリスクが関係することもある。これが、屋根上の太陽光発電設備の点検を、さらに難しくしている。

 自動点検システムが実現できれば、こうした屋根上太陽光の課題の多くは解決される。安全面の向上はもちろん、発電ロスの削減、点検コストや手間も大幅に削減できる。アイテスでは、このシステムによって「予知保全」が可能になると強調する。

 異常の兆候から、早期に適切な対策を講じることで、突発的な発電停止や復旧対応が少なくなる一方、過剰な点検や点検担当者の人件費も抑えられるとみている。

  • 記事ランキング