特集

無人・自動で日常的に直流回路を点検、太陽光のスマート保安技術(page 3)

アイテスが開発、屋根上向けで東北電力と実証

2021/05/27 06:00
加藤 伸一=日経BP 総合研究所 クリーンテックラボ
印刷用ページ

発電を止めず、夜間に点検

 アイテスが開発している自動点検システムは、無人・自動で人手を要さないだけでなく、発電を止めずに点検する。この利点も大きい。

 既存の手法では、接続箱のスイッチを使って、点検するストリングの発電を止める必要がある。アイテスの自動点検システムでは、発電を止める必要のない夜間に点検する。発電ロスがない上、スイッチ開閉に必要なシステムが不要で、故障も減るだろう。

 発見できる異常として、まず施工不良や、人手による点検後の復旧作業の不良がある。「接続箱の端子へのPN極の接続が逆」「スイッチを開いて送電を復旧することを忘れた」「太陽光パネルの直列接続の枚数を間違える」といった異常である(図2)。

図2●点検できる項目
図2●点検できる項目
(出所:アイテス)
クリックすると拡大した画像が開きます

 ストリング内での断線や、何らかの異常で過熱しているトラブルも発見できる。

 太陽光パネルの異常も発見できる。セル(発電素子)同士を結ぶ回路の異常のほか、ジャンクションボックス内のバイパス回路の開放状態や短絡、断線などを発見できる。これらは、消費者庁が重視し、経産省に指摘した内容に含まれている。これを無人・自動で日常的に点検できる意義は大きい。

 さらに、ストリングごとの絶縁抵抗も自動点検で測定できないか、模索している。定期点検に含まれている項目でもあり、もし実現してその結果を判断基準に採用できれば、波及効果がさらに大きくなる。

 アイテスによると、同社が開発している自動点検システムでは、接続箱を介する場合は絶縁抵抗を測定できる。しかし、接続箱を介さない、小型のパワーコンディショナー(PCS)を採用している場合、一部の機種では、現状では測定が難しいという。

  • 記事ランキング