特集

工場の屋根上太陽光に多い「油汚れ」、洗浄後に発電量3倍も

脱炭素で設置が急増、洗浄コスト低下で費用対効果が向上

2021/08/04 05:00
加藤 伸一=日経BP 総合研究所 クリーンテックラボ
印刷用ページ

 今後の太陽光発電所の開発で有望な場所の1つが、工場の屋根上である。

 国の脱炭素宣言で企業に対する再生可能エネルギー利用の要請が高まっている中、元々ある程度の面積があり、比較的規模の大きな発電設備を設置しやすい。

 また、工場には日中にまとまった需要があり、自家消費や、第三者所有の太陽光発電設備から供給を受けた電力の多くを活用できる面からも、今後、急速に設置が増えてくるだろう。

 ただし、工場には、同じ屋根上でも、物流施設や商業施設にはない条件もある。それは、工場の生産プロセスや自家発電設備からの排気などによって、太陽光パネルが汚れやすい点である。工業地帯の場合、周辺にある他工場の排気などが汚れの原因となることもある。

 一般的な立地の太陽光発電所であれば、太陽光パネルの表面が一時的に土埃などに覆われても、いずれ雨が降って汚れが洗い流されることも多い。

 しかし、工場の排気などにともなう汚れは、雨では汚れが流れ落ちず、長期的に表面を覆って大きな発電ロスにつながっている場合が多い。

 こうした工場の屋根上で特有の汚れへの対策として、洗浄が有効な場合がある。洗浄の手法の進歩などによって作業のコストが下がってきており、汚れが酷いほど費用対効果が高まる可能性がある。

 今回は、食品工場における例を紹介する。高圧配電線に連系するメガソーラー(大規模太陽光発電所)で、屋根上に1500枚以上の太陽光パネルが並んでいる。

 現地では、本来は青く見えるはずの太陽光パネルの表面が、灰色っぽくくすんで汚れていた(図1)。

クリックすると拡大した画像が開きます
クリックすると拡大した画像が開きます
クリックすると拡大した画像が開きます
図1●灰色にくすんでいた屋根上の太陽光パネル
(出所:エネテク)

 洗浄は、太陽光発電所向けのO&M(運営・保守)サービスを手掛けるエネテク(愛知県小牧市)が担当した。

  • 記事ランキング