特集

工場の屋根上太陽光に多い「油汚れ」、洗浄後に発電量3倍も(page 3)

脱炭素で設置が急増、洗浄コスト低下で費用対効果が向上

2021/08/04 05:00
加藤 伸一=日経BP 総合研究所 クリーンテックラボ
印刷用ページ

食品工場の油汚れで灰色にくすむ

 こうした洗浄の効果が高い太陽光発電所は、まず、近隣に太陽光パネルの表面を汚す物質の排出源があることである。もう1つは、パネルの設置角が小さいこと。

 屋根上に設置された太陽光パネルは、ほとんどの場合、設置角が小さい。このため、周囲から汚れの原因となる物質が排出されていれば、この2つの条件を満たしやすい。汚れによる発電量のロスが大きくなり、洗浄の効果が高まりやすい。

 エネテクによると、こうした環境にある太陽光パネルを洗うと、洗浄コスト以上の売電収入の増加が見込める場合が多い。同社の場合、洗浄の費用は、現地で水を調達できる場合、出力1MWあたり約80万円程度に設定している。

 太陽光パネルの洗浄の依頼は増えており、こうした費用対効果が認識されてきたこともあると見ている。定期的な洗浄の依頼も増えている。

 今回の場合、現地の状況から、食品工場の排煙が何らかの植物性の油を含んでおり、この油を含む汚れが太陽光パネルの表面に付着し、落ちにくい汚れとして残っていることが推察できた。

 まず、汚れている太陽光パネルの一部を洗浄し、洗浄していないパネルと発電量を比べてみた(図2)。比較するために、太陽光パネルを接続した回路(ストリング)ごとに洗い、洗っていない回路と発電量を比べた。

クリックすると拡大した画像が開きます
クリックすると拡大した画像が開きます
図2●効果を把握するために、回路ごとに太陽光パネルを洗浄した。外観からも汚れの有無がわかりやすい
クリックすると拡大した画像が開きます
図2●効果を把握するために、回路ごとに太陽光パネルを洗浄した。外観からも汚れの有無がわかりやすい
(出所:エネテク)
  • 記事ランキング