特集

EPC契約を締結する前段階で、締結義務はあるのか?(page 3)

<第83回>太陽光事業で、EPC契約などの締結義務が否定された最新判例

2022/03/22 05:00
匠総合法律事務所 弁護士・秋野卓生、弁護士・丹羽響
印刷用ページ

契約締結の義務を負わせることは可能か

 現在の日本において、契約を締結するか否かという判断は、本来的に自由ですが(山本敬三『民法講義Ⅳ‐1契約』(有斐閣2017年)17頁)、裁判例上は、契約を締結する義務を定める合意について有効に成立し得るということが前提とされています(東京地裁・平成25年8月15日判決、東京地裁・平成18年2月13日判決等を参照。ただし、そのような合意が成立していると解される場面は限定されています)。

 本件においても、裁判所は、契約を締結する義務を定める合意が有効に成立し得るということを前提に、そのような内容の合意が成立していた否かという点について検討しており、結論として、これを否定しています。

東京地方裁判所の正門
東京地方裁判所の正門
(出所:日経BP)
クリックすると拡大した画像が開きます
  • 記事ランキング