特集

「メガソーラー裁判」の論考、景観条例を巡り攻防も

<第64回>静岡地裁・伊豆高原メガソーラーに関する判決の解説

2020/06/26 05:00
弁護士法人 匠総合法律事務所 代表社員弁護士 秋野卓生
印刷用ページ

伊東市に処分取消を言い渡す

 静岡地裁は今年5月22日、静岡県伊東市で建設中の「伊豆高原メガソーラーパーク発電所」(連系出力40MW)に関わる訴訟に関して判断を下しました。同判決(静岡地裁令和2年5月22日判決)は、メガソーラー(大規模太陽光発電所)の建設を巡り、事業地内の川に橋を架けることを市が不許可としたことについて、処分の取り消しを言い渡しました。

 今回、静岡地裁令和2年5月22日判決の判決文を熟読しました。

 メガソーラー建設にあたり、知っておかなければならない法律知識が沢山含蓄されており、この判決をもとに、最新の判例の考え方を1つ1つの論点毎に分析していきたいと思います。まず、今回は、メガソーラー建設を規制する条例の適用に関する論点について解説します。

 メガソーラー建設反対運動のなか、メガソーラー建設を規制する条例が制定される例があり、本件裁判でも「伊東市美しい景観等と太陽光発電設備設置事業との調和に関する条例」(以下、判決に倣い「本件規制条例」)が制定されています。

 宅地造成等規制法8条に基づく工事許可がなされた後、条例が制定された場合、条例の適用が過去に遡求されることはなく、本件規制条例の施行に際しても「現に太陽光発電設備設置事業に着手している者」については、同条例の規定は適用されない旨の経過措置の規定が設けられています。

 さて、静岡地裁令和2年5月22日判決では、この規制条例の適用についてどのような主張・反論がなされ、裁判所がどのように判断したのか、以下に分析したいと思います。

判決を言い渡した静岡地裁
(出所:日経BP)
クリックすると拡大した画像が開きます
  • 記事ランキング