特集

「メガソーラー裁判」を読み解く、地裁の判断はなぜ覆ったのか?(後半)

<第76回>東京高裁・伊豆高原メガソーラーに関する判決の解説

2021/07/07 12:00
弁護士法人 匠総合法律事務所 代表社員弁護士 秋野卓生
印刷用ページ

控訴棄却も、実質的に地裁の判決理由を否定

 2020年6~8月のこのコラムで、静岡県伊東市八幡野の大規模太陽光発電所(メガソーラー)建設に関する訴訟に関して解説しました(関連記事:「メガソーラー裁判」を読み解く、「行政裁量」の逸脱・濫用とは?)。

 この案件の事業者である伊豆メガソーラーパーク合同会社(同市)が、市による事業地内河川の占用の不許可処分取り消しを求めた訴訟の控訴審判決で、東京高裁は4月21日、市に取り消しを命じた一審の静岡地裁判決を支持し、市側の控訴を棄却しました。

 東京高裁の判決は、事業者に処分理由を十分に提示していない伊東市の手続き上の不備を認める一方、事業者が主張する「条例前の着工」は、市の事業許可の条件である防災措置の先行実施がないことなどから認定せず、実質的に「市が事実誤認の条例違反を理由に不許可とした」地裁の判決理由を否定し、伊東市が法令などの適合性も勘案し不許可処分とすること自体は「裁量権の逸脱や乱用に当たらない」と結論付けました。

 前回と今回は、この「東京高裁令和3年4月21日判決」について解説します。

 前回は、静岡地裁と東京高裁の判決内容を比較し、その違いを解説しました。ポイントは自治体の持つ裁量権を巡る判断です。地裁の判決は、本件不許可処分に関する裁量的判断の要素として、(1)占有目的(メガソーラー事業を運営するという目的も含めるか否か)、(2)条例との適合性(現に太陽光発電設備事業に着手している者か否か)、(3)市議会におけるメガソーラー事業への反対決議等の存在、(4)カルバート等の機能、を挙げて検討し結論として「裁量の逸脱濫用がある」として、違法としました。一方、高裁は「逸脱濫用はなかった」と判示しました(関連記事:「メガソーラー裁判」を読み解く、地裁の判断はなぜ覆ったのか?=前半)。

 本件不許可処分に関する裁量的判断について、原審と控訴審では異なる結論に至ったわけです。今回は、このような相違点を踏まえた上で、いずれの判断が妥当なものであったか、または、どのように判断することが妥当だったといえるのか、解説します。

東京高等裁判所の正門
(出所:日経BP)
クリックすると拡大した画像が開きます
  • 記事ランキング