特集

「メガソーラー裁判」を読み解く、地裁の判断はなぜ覆ったのか?(後半)(page 2)

<第76回>東京高裁・伊豆高原メガソーラーに関する判決の解説

2021/07/07 12:00
弁護士法人 匠総合法律事務所 代表社員弁護士 秋野卓生
印刷用ページ

裁量の広狭について

 まず本件不許可処分に関する河川管理者の裁量については、両審級における判断同様、一定程度認められるべきであるといえます。もっとも、その裁量の広狭についてはどのように考えるべきでしょうか。

 この点、裁量的判断の要素である(1)の「占有目的」に関し、本件で問題となる占有の許可処分は、普通河川条例や河川法の趣旨・目的等、すなわち、河川管理施設と合わさって雨水の流路形成がなされ、または洪水等の災害が発生する可能性があるとの観点から考慮する必要があることは、地裁・高裁いずれも認めているところかと思います。

 一方、これ以上の観点が付加されるのは妥当でしょうか。すなわち、景観や環境といった利益の観点を含めて考えることができるでしょうか。

 景観及び自然的、社会的環境は確かに私人の生活にも関連するものであり、保護されるべき利益と考える余地があるのは確かでしょう。しかし、河川の敷地の占用について定めた普通河川条例や河川法は、そのような利益を保護する規定や、これに配慮した具体的手続きを定めた規定を置いていません。河川が公共用物であることや、「公共の福祉」等、含みのある文言も見られるところですが、上記の事情等からは、こうした利益を特別念頭に置いたものとは言えないと考えられます。

 とすれば、占用許可処分との関係で、上記利益について勘案することは妥当でなく、市側に裁量が認められるとしても、専らこうした景観等の利益を考慮することは、認められないと考えられます。地裁が、河川法の趣旨に反する条例の有効性を認めないように述べているのも、このような考え方に基づくものと思われます。

静岡地方裁判所の外観
(出所:日経BP)
クリックすると拡大した画像が開きます
  • 記事ランキング