特集

メガソーラーの工期が遅れました。どんな場合に施工者の責任が問われますか?

<第53回>太陽光発電所の建設における「工期遅延」のトラブル

2019/07/24 05:00
弁護士法人 匠総合法律事務所 代表社員弁護士 秋野卓生
印刷用ページ

損失は誰が責任を負うのか

 メガソーラー(大規模太陽光発電所)ビジネスにおいては、ファンドが活用される場面が増え、この場合、設立されたSPC(特別目的会社)をアセットマネージャーが管理し、事業実施のために各種契約が締結されることになります(図1)。

図1●ファンドによるメガソーラー事業のスキーム例
(出所:匠総合法律事務所)
クリックすると拡大した画像が開きます

 とりわけ発電設備の建設などにかかるEPC契約(太陽光発電所の建設工事請負契約等)においては、「工期遅延」によって様々な損害の発生が考えられます。

 例えば、SPCが金融機関から借り入れをしていた際には遅延分の金利が損失として生じる場合がありますし、施工業者(EPC事業者)としては、業者発注による手待ちリスクが考えられます。

 そして、このような損失をもたらす「工期遅延」が、請負工事そのものを原因としているのか、 EPC事業者の責に帰すことのできない事由をその原因とするのかにより、遅延によって生じた損失を誰が負担するのか、判断の分かれる場合があります。

 工期遅延に至る理由は様々で、建設工事の瑕疵だけでなく、SPC・アセットマネージャーからの要請に応じるために遅延せざるを得ない場合や、業者発注に遅れが生じた場合なども考えられます。これらのうち、その一つを原因とするのではなく、複数の原因が重なって、工期遅延が生じることもあるでしょう。

 そのため、どのような原因により工期が遅延した場合に、誰がその遅延による責任を負うのか、あらかじめ確認し、工事実施に備えておくことが肝要となります。

  • 記事ランキング