特集

メガソーラーの工期が遅れました。どんな場合に施工者の責任が問われますか?(page 3)

<第53回>太陽光発電所の建設における「工期遅延」のトラブル

2019/07/24 05:00
弁護士法人 匠総合法律事務所 代表社員弁護士 秋野卓生
印刷用ページ

大量の指示、仕様変更があった場合

 では、具体的に、各当事者に生じる責任について、見ていきたいと思います。

 まず、SPC・アセットマネージャーによる設計変更や種々の要請に応じた結果、工期遅延が発生した場合には、SPC・アセットマネージャーの責任となるのでしょうか。それとも、そのような要請に応じつつも、予め定められた工期を遵守しなかったEPC事業者の責任となるのでしょうか。

 得てしてSPC・アセットマネージャーから必要以上の指示や説明を求められる背景には、明らかに施工精度が低い、同様の施工不良が複数箇所でみられるなど、EPC事業者の施工に対する不安感を原因とする場合が考えられます。EPC事業者としては、工期内に修繕できる程度の工事上の不備であったと理解していても、その判断ができないSPC・アセットマネージャーが修正などを指摘した結果、工期が遅延してしまう事態が生じ得ます。

 一般に、SPC・アセットマネージャーからの指示の理由が、工事の不具合を是正するためのものである場合、その指示内容について合理性がある場合は、請負人が当該指示に従って工事を行ったとしても追加報酬が発生するものとはいえないと考えられます。

 そのため、同様に、その程度の指示であれば、従来の工期で行うこともEPC側に予定されていると考えられ、この場合に工期遅延が生じれば、その責めをEPC事業者が負うことになると思われます。他方、このような合理的な限度を超える量や時期での指示がなされた場合にまで、EPC事業者にそれによって生じた工期遅延の責任を負わせるのは妥当とはいえないでしょう。

 例えば、太陽光発電設備工事の事案ではありませんが、発注者が、自宅の増改築工事を請け負った施工業者に対し、工事の履行遅滞による約定の違約金ないし損害賠償などを請求した横浜地判平成28年2月9日判決が参考になります。

 この裁判例は、以下のような事実を挙げて、「工期の遅延について被告に帰責すべき部分があるとしても、工事内容の追加や変更にともない予定の工期が延びることは当然であり、本件請負契約及び本件覚書上もかかる工期の延長が規定されていることにも照らし、工事引渡の遅延について、被告に故意はもとより重大な過失があるとまでは認めがたいというべき」として、施工業者側の責任を否定しています(図3)。

図3●横浜地判平成28年2月9日判決では、施工業者側の責任を否定した
(出所:匠総合法律事務所)
クリックすると拡大した画像が開きます

 太陽光発電設備工事においても、このように、工期の延長が必要となることが合理的に予期できるような工事内容についての変更や追加をSPC事業者側が行った場合には、それに因果関係を有する遅延については、EPC事業者に責任を追及することは難しいように思われます。

  • 記事ランキング