特集

「メガソーラー裁判」を読み解く、「行政裁量」の逸脱・濫用とは?

<第65回>静岡地裁・伊豆高原メガソーラーに関する判決の解説(その3)

2020/08/06 05:00
弁護士法人 匠総合法律事務所 代表社員弁護士 秋野卓生
印刷用ページ

 今年5月22日、静岡地裁は、静岡県伊東市で建設中の「伊豆高原メガソーラーパーク発電所」(連系出力40MW)に関わる訴訟に関して判断を下しました。同判決(静岡地裁令和2年5月22日判決)は、メガソーラー(大規模太陽光発電所)の建設を巡り、事業地内の川に橋を架けることを市が不許可としたことについて、処分の取り消しを言い渡しました。

 この訴訟で裁判所が示した判断は、メガソーラーに関する最新の判決であり、メガソーラー建設にあたり、知っておかなければならない法律知識が多く含まれています。このコラムでは、6月掲載号でメガソーラー建設を規制する「条例の適用」に関し、7月掲載号では、市による「不許可」の有効性について論考を行いました。3回目の今回は、「行政裁量」について解説します。

行政裁量の逸脱・濫用

 「行政裁量」とは、法律が行政機関に独自の判断余地を与え、一定の活動に自由を認めている場合を指します。

 法律が一定の裁量を認めている以上、裁量の範囲内では法律の解釈、適用の問題を裁判所の司法審査の対象とすることはできません。

 したがって、裁判所の司法審査は、裁量の逸脱、濫用の点に限られることになります(行政事件訴訟法30条)。

 本判例では、メガソーラー建設地内の川に橋を架けることを市が不許可にした事案であり、まさに河川法・普通河川条例についての許可権者である河川管理者(伊東市長)の合理的な最良の範囲内の行為については、司法審査の対象が及びません。

 しかし、裁量の逸脱、濫用がある場合には、司法審査の対象となります。

 静岡地裁判決でも「裁判所が河川管理者である被告市長による普通河川条例4条に基づく許可・不許可の処分の適否を審査するに当たっては、当該処分が裁量の行使としてされたことを前提として、その基礎とされた重要な事実に誤認があること等により重要な事実の基礎を欠くことになる場合、又は、事実に対する評価が明らかに合理性を欠くこと、判断の過程において考慮すべき事情を考慮しないこと等により当該処分が社会通念に照らし著しく妥当性を欠くものと認められる場合に限り、裁量を逸脱し又はこれを濫用したものとして違法となるとすべきものと解される」と判示しているところです。

判決を言い渡した静岡地裁
(出所:日経BP)
クリックすると拡大した画像が開きます
  • 記事ランキング