特集

太陽光パネルの取付業者が「偽装請負」と見なされる恐れはありますか?

<第55回>メガソーラー建設現場における「労働者派遣法」違反のリスク

2019/09/11 05:00
弁護士法人 匠総合法律事務所 代表社員弁護士 秋野卓生
印刷用ページ

「偽装請負」は法律違反

 メガソーラー(大規模太陽光発電所)事業においては、広大な敷地に太陽光パネルを設置する多数の労働者を確保するため、下請業者として、単に職人を集めてきてメガソーラー施工業者に提供する役目を担う業者が介在する場合があります。

 この際、このような下請業者とメガソーラー施工業者との間に締結される契約が、「請負契約」であれば問題がないのか、または契約書の形式が「請負契約」であっても、下請業者の請負う業務が、実質的には単に労働者を集め、施工業者に提供することであり、労働者派遣法の規制を受ける労働者派遣事業にあたる場合があるのではないか、が問題となるケースがあります。いわゆる「偽装請負」になるのかという問題です。

 「偽装請負」ということになると、労働者派遣法違反となり、処罰のリスクもあります。

 本稿では、メガソーラー施工現場の下請けや孫請けに単に労働者を集め、施工業者に提供するいわゆるブローカー的存在の業者が介在した場合のリスクについて検討します。

メガソーラー建設現場の様子(画像イメージで本文の内容は直接関係しません)
(出所:日経BP)
クリックすると拡大した画像が開きます
  • 記事ランキング