特集

パネル設置で人手が足りず、ブローカーを通じて職人を集めました。法的に問題がありますか?

<第56回>太陽光発電の工事に介在する「ブローカーリスク」

2019/10/09 05:00
弁護士法人 匠総合法律事務所 代表社員弁護士 秋野卓生
印刷用ページ

 太陽光発電の工事にあたっては、多くの職人を集めてこなければならず、下請け業者の中にブローカーが介在することもあります。

 ブローカーの多くは、建設業の許可を有しないことから、ケースによっては、建設業法違反が生じるケースも出てきます。今回は、「ブローカー」を通じて労働者を集めた場合の法的なリスクについて解説します。

「軽微な建設工事」以外、建設業の許可は必須

 建設業法上、建設業を営もうとする者は、建設業法施行令第1 条の2で定める軽微な建設工事のみを請け負うことを営業とする者以外は、建設業の許可を受けなければならないと規定されています(建設業法第3条第1項)。

 ここでいう、「軽微な建設工事」とは、(1)建築一式工事では、1500万円未満の工事または延べ床面積150m2未満の木造住宅工事、(2) 建築一式工事以外の工事では、500万円未満の工事とされています(建設業法施行令第1条の2)。

 そのため、建設工事を受注した業者が上記の「軽微な建設工事」のみを請け負うことを営業とする者ではない場合は、当該業者は建設業法3条1項が定める許可を受ける必要があり、その許可を受けていない場合には同項に違反することとなります。

 建設工事を受注した無許可業者から、当該工事を下請契約として受注する場合には、建設業法3条1項に違反して建設業を営む者と下請契約を締結したときに該当し、建設業法28条1項6号に違反するおそれがあります。

図1●メガソーラーの建設には、多くの労働力が必要になる
(出所:日経BP)(写真はイメージで本文の内容と直接関係しません)
クリックすると拡大した画像が開きます
システムメンテナンスのお知らせ
  • 記事ランキング