特集

太陽光発電にもAI活用、O&Mコストが大幅に低下

<第19回>ベテラン技術者の「経験」と「労力」を代替

2019/07/31 05:00
大串卓矢=スマートエナジー社長
印刷用ページ

イニシャルと同様に低下

 世界的に太陽光発電のイニシャルコストの低下が進んでいるが、実は並行して保守メンテナンス費用の値段も継続的に下がっている。

 その要因として、AI(人工知能)を活用した遠隔監視システムのデータ分析が大きく貢献している。いままでエンジニアが長年の経験と勘で発見していた不具合を、AIが統計的に見つける手法に置き換わり、大幅な効率化を実現させているからだ。

 経済産業省の取りまとめ資料によると、太陽光発電システムのイニシャルコストは、24~28万円/kWまで下がった。5年前の2013年が37.3万円/kWだったことと比較して、23%の減少である。これは設備だけでなく、土地や造成、許認可取得のコストもあわせたものであるが、O&M(運営・保守)などのランニングコストは含まれていない。

 日本では固定価格買取制度(FIT)の売電単価に合わせて、イニシャルコストが低下し、投資家の利回りを保ってきた。そして、同じく投資家の利回りを保つために、O&Mコストも同様の比率で低下してきている(図1)。

図1●太陽光発電のシステム費用の推移
(出所:経済産業省・調達価格等算定委員会資料)
クリックすると拡大した画像が開きます
システムメンテナンスのお知らせ
  • 記事ランキング