特集

太陽光発電にもAI活用、O&Mコストが大幅に低下(page 4)

<第19回>ベテラン技術者の「経験」と「労力」を代替

2019/07/31 05:00
大串卓矢=スマートエナジー社長
印刷用ページ

AIが発電予測も

 太陽光発電設備の発電量予測においてもAIが活躍している。発電量予測は、個々の発電所における場合と、マスデータとしての予測の2通りがある。電力会社は供給エリアにおける日射量予測を用いて、太陽光発電による発電量を予測している。

 その予測から、需要予測を差し引くことで、会社全体の発電計画を立てて、安定供給に役立てている。一方、個々の発電所の予測は、システム効率の分析にほぼ等しい。よりピンポイントになる分、高精度な日射量予測が必要となる。

 AIのはじき出す予測発電量と実際の発電量に乖離があれば、なんらかの不具合、エラーが生じているかもしれない。従って、乖離が大きい場合に、その要因を分析し、現場へ急行する必要があれば、現場にて対応活動を実施することになる。

 このように太陽光発電のO&M領域において、AI活用による精度の高い発電量予測は重要な手段となっており、それによる効率性アップが今後ともO&Mコストを押し下げていくと見られる。

  • 記事ランキング