特集

「コロナ不況」で、メガソーラー事業への資金供給が細る?

<第28回>感染防止対策が再エネ産業に与える影響

2020/04/28 10:50
大串卓矢=スマートエナジー社長
印刷用ページ

建設が止まる事態も

 前回のコラムでは、工事の完工遅れ、役所の処理遅れ、物流の問題など新型コロナウイルスが直接及ぼす影響について解説した。各地の建設現場では職人に感染者が出始めたため、現場が止まってしまっているというニュースも流れはじめた。

 しかし、影響はそれだけではない。中長期的に経済的な停滞、つまり「不況」という形で我々に大きな重しを課してきそうである(図1)。

図1●緊急事態宣言で臨時休業の続く都内の百貨店
(出所:日経BP)
クリックすると拡大した画像が開きます

 新型コロナウイルスの影響により、経済活動の大幅な縮小が余儀なくされる。その状況は深刻である。こうした経済活動への悪影響が再生可能エネルギー業界へどのようなインパクトを与えるのであろうか(図2)。

図2●新型肺炎の世界的な感染拡大により世界経済が停滞している
(出所:ジョンズ・ホプキンズ大学のシステム科学工学センター・4月26日公表)
クリックすると拡大した画像が開きます
  • 記事ランキング