特集

電気主任技術者もテレワーク、「スマート保安」必須に

<第29回>アフターコロナ時代の太陽光業界

2020/05/28 05:00
大串卓矢=スマートエナジー社長
印刷用ページ

太陽光業界にも働き方改革

 5月25日、新型コロナウイルスの感染拡大対策として出されていた緊急事態宣言が全面的に解除された。この解除によって、徐々に元の社会へ戻っていくだろう。

 しかし、コロナ禍前と比べて変わるところも少なくないはずだ。企業や組織は、エグジット戦略の立案を始めるなか、新しい働き方、ビジネスのあり方を含めて頭を悩ませている。この影響は太陽光業界にどのような影響を与えるのだろうか。

 不要不急の外出自粛の要請を受け、自宅などで仕事をするテレワークが多くの企業や組織に導入された。オフィスワーカーはICT(情報通信技術)を駆使して、リモートで業務を行うように働き方が変わったのである。

 太陽光で保守メンテナンスの主体となっている電気主任技術者の業務についても、テレワークが導入された。

電気主任技術者の仕事はサイト現場だけではない(写真はイメージ)
(出所:日経BP)
  • 記事ランキング