特集

非FIT再エネ事業で求められる「電力市場」への理解

JEPX主要市場の動向、発電側基本料金の行方を概観

2021/04/28 05:00
大串卓矢=スマートエナジー社長
印刷用ページ

 2021年度から、太陽光発電事業は固定価格買取(FIT)制度からフィード・イン・プレミアム(FIP)制度、Non-FIT(非FIT)による普及に向けて、本格的に動き出した。菅首相は温室効果ガスの排出量を46%削減する公約を発表したが、太陽光発電に大きな役割が期待されている。

 今回は、太陽光発電事業者がNon-FITで必須となる電力市場の知識について整理した。FITでは送配電事業者に電力購入義務があったため、知識が無くても事業が実施できた。しかし、これからは電気を売る事業者は、そのマーケットについて良く理解していないと、思わぬ損失を受ける可能性がある。

電力卸売市場は「プロ」が参加

 電気は日本卸電力取引所(JEPX= Japan Electric Power eXchange)で売買される。相対のものを除くと、マーケットは日本でここだけとなる。JEPXの特徴は、主に新電力会社が会員となっており、いわゆるプロを相手にした卸市場の位置付けである。

 JEPXには、スポット市場、時間前市場、先渡市場、分散型・グリーン売電市場、非化石価値市場、間接送電権市場、ベースロード市場があり、それぞれ別の商品が売買されている。そのなかで、最も基本となるスポット市場について、理解しよう。

 スポット市場では、翌日に必要となる電気を時間帯ごとに、量と価格の組み合わせで取引される。単位は30分単位の1日48コマで、最低取引単位は1000kWh(1コマあたり500kWh)となる。株式の売買のように、個別の売り札と買い札をぶつける板寄せと呼ばれる方式ではなく、1コマにつき1つの約定価格が決定され、全員がこの約定価格で取引する。したがって電力の価格は1つしかない。

 太陽光発電事業者が電気を売るとき、JEPXの会員でないとこの市場には参加出来ないため、分散型・グリーン電力市場が用意されている。小口の余剰電力を販売出来る市場として2012年にスタートした市場である。1000kW未満の電力も売電可能とし、売り手が売買条件等を設定できる。また、売電は、取引所の会員でなくても、誰でも販売可能であり、会費、手数料等の費用も無料だが、この市場はあまり活用されていない。

 現在の電気の価格を知りたいときは、JEPXのホームページを調べれば良い(図1)。

図1●JEPXのWEBサイトで、取引情報が開示される
(出所:JEPX)
クリックすると拡大した画像が開きます
  • 記事ランキング