特集

FITなしの2022年度、補助金をうまく使い案件組成を(page 2)

補正予算成立、注目される「太陽光向け補助金」を解説

2021/12/25 22:00
大串卓矢=スマートエナジー社長
印刷用ページ

経産省による「オフサイト」への補助金

 経済産業省の補助金では、FITやFIPを利用しない、かつ自己託送をしない形式の太陽光発電設備に対する補助金が新規に導入される。12月21日に補正予算36兆円が可決されたが、その中から135億円がこの補助金として使用される予定である。来年度の予算でも同様の補助金はあるが、早くから始めたい事業者は補正予算枠を利用するのが良いだろう。

 需要家自ら発電所オーナーとなることもできるし、PPAと呼ばれる第3者所有の形式にもできる。ポイントは、電力小売会社を経由して、新規導入した太陽光発電設備からの電気を自社で消費するスキームとすることである。補助割合が2/3から1/2と高いので、人気の補助金となりそうである(図2)。

図2●経産省によるオフサイト太陽光などへの補助金
図2●経産省によるオフサイト太陽光などへの補助金
(出所:経産省・令和3年度補正予算案の事業概要)
クリックすると拡大した画像が開きます
  • 記事ランキング