特集

「バイオマス発電はFITに合わない」、バイオマス産業社会ネットワーク・泊みゆき理事長に聞く(page 2)

メガソーラービジネス・インタビュー

2019/10/10 05:00
金子憲治=日経BP総研 クリーンテックラボ
印刷用ページ

FSC認証に“詐称”!?

ーー認証品でも、温暖化対策の視点からは問題があるということですか。

  そもそも、RSPOなどの認証制度には、パーム油なら食品、森林認証なら紙や建材への利用を想定しているため、「燃料」にした場合のGHG削減効果という視点がありません。RSPOなどの認証品であっても、環境負荷の大きい加工方法や生産地域が遠方の場合など「ライフサイクルGHG」の観点で問題があるというケースが出てくるのです。

 現在、パーム油による発電は、約180万kW分がFITで認定され、仮にこれらすべてが運転を開始した場合、賦課金は約4兆円に上ります。海外から輸入し、GHG削減効果の疑わしい発電事業を、国民の負担で支える必要があるのか、地域環境問題とは別にFITの趣旨から見ても、やはり問題は多そうです。

 再生可能エネルギーへの転換で先行するEU(欧州連合)でも、当初パーム油発電の持続可能性が問題になりました。RSPOならば良いのかなど、議論の末、最終的に「バイオマス発電にパーム油は使わない」と決めました。そこでマレーシアやインドネシアのパーム油製造業者が、日本市場に期待している面もあります。

 国内でRSPO以外の制度での認証も求められた場合、利用できるパーム燃料が増えるため、かなりの発電所が稼働する可能性もあります。

ーー木質チップやペレットによる発電でも、国内産だけでは足りず、海外から輸入するケースが多くなっています。ここでも燃料の持続可能性が問題になります。

 国内の木質バイオマス発電でも、燃料の持続可能性を評価する第三者認証の取得を求めています。この分野で代表的な森林認証制度であるFSCを取得する動きがすでに一般的になっています。ただ、FSC認証の“詐称”が疑われるとの指摘もあり、そのチェック体制が課題になり始めています。

 というのは、統計上、FSC材の生産量よりも輸入量の方が多いとの調査があり、そうしたことが起こるのは、FSC材の加工から輸送までのサプライチェーン(SC)を追跡・管理する「SC認証」のFIT制度における確認が不十分だからです。

 経産省も今春、輸入バイオマス燃料のトレサビリティに関して警告を出し、仮に不正があった場合、認定取消もあり得るとしています。

 SC認証の管理が徹底していないのは、森林認証で歴史のある北米産に加え、ベトナムなどからの調達が増えている面もあります。また、従来、輸入木材は建材や製紙に使われてきましたが、バイオマス発電では「燃料」になります。商社の中でも「建材・紙」と「燃料」とでは、部門や担当者が異なるため、認証制度の運用に慣れていない面もあります。

 最近、輸入燃料によるバイオマス発電を行っている事業者の間では、「まじめに認証品を調達している事業者がバカを見る」との声も出てきました。認証の詐称がまかり通っていては、厳しい調達基準を設けても意味がありません。いかにそれを運用・チェックしていくかが重要になります。

クリックすると拡大した画像が開きます
  • 記事ランキング