特集

「小水力発電は地域社会を元気にする」、富山国際大・上坂教授に聞く

メガソーラービジネス・インタビュー

2020/01/23 05:00
金子憲治=日経BP 総合研究所 クリーンテックラボ
印刷用ページ

固定価格買取制度(FIT)の対象となる再生可能エネルギーのなかで、小水力発電は、出力200kW未満の新設で売電単価が34円/kWhと比較的高い水準が維持されている。太陽光・風力に比べて設備利用率が高く、ベース電源として期待されるものの、FIT開始後の新規導入量は200MWにも満たない。全国小水力利用推進協議会の代表理事を務める上坂博亨・富山国際大学教授に、小水力発電の現状と課題、将来展望について聞いた。

「1MW未満」は100MW程度

全国小水力利用推進協議会の上坂博亨代表理事・富山国際大学教授
(撮影:日経BP)

ーーFITでは、30MW未満の水力発電所を「中小水力」として、4区分(200kW未満/200kW~1MW/1M~5MW/5M~30MW)ごとに売電単価を設定しています。全国小水力利用推進協議会では、「小水力」をどのように定義していますか。

上坂 「小水力発電」に明確な定義はありませんが、2002年にFITに先駆けて導入された再エネ推進制度(RPS法)では、定格出力1MW未満を「小水力」として導入促進の対象にしたこともあり、「1MW未満」を1つの目安にしています。その後、2012年7月に施行されたFITでは、水力に関しては30MW未満が対象になっていますが、現実的に新規開発の件数が多いのは1MW未満になっています。

 技術面での小水力の特徴は、大規模なダムを伴わない「流れ込み式」、つまり、水を大規模に堰き止めず、もともとの落差を利用する手法が基本です。そのため、1MWを超えるような開発が可能な立地は少なく、また、メガワット(MW)クラスの設備規模では建設費用が数十億円になるため、投資資金の調達やファイナンスのハードルも高くなります。

 ただ、「小規模」と言っても、太陽光のような「低圧」連系は少なく、50kW以上の高圧連系案件がほとんどです。新規開発では、100kW台と数百kW程度のプロジェクトが多くなっています。MWクラスまで大規模化の進む風力や太陽光に比べると、出力は小さいですが、設備利用率が50~90%と高いため、太陽光発電と比較した場合、同じ設備容量(kW)なら5~8倍の電力量(kWh)を発電できます。

 例えば、出力200kWの小水力発電で、1MWのメガソーラー(大規模太陽光発電所)と同等かそれ以上の電力量を生み出せることになります。

ーーFITがスタートして8年ほど経ちますが、1MW程度までの小水力発電の導入状況を、どのように評価していますか。

上坂 経産省の公表している30MW未満までの「中小水力」の導入量は2019年6月時点で約9.8GWで、FIT導入前の約9.6GWから、約0.2GW(約200MW)増えています。このうち、1MW程度までの「小水力」の新規導入は100MW程度と見ています。

 やはり、太陽光、風力に比べると、適地は限られますし、利害関係者の調整など、ある程度の時間がかかります。それでも、潜在的な開発余地はまだまだ多いと考えています。

  • 記事ランキング