特集

太陽光発電所に特有の雑草と、「除草剤を使いこなすコツ」

きめ細かい提案でメガソーラーで採用を増やすレインボー薬品

2020/09/09 05:00
加藤 伸一=日経BP 総合研究所 クリーンテックラボ
印刷用ページ

 太陽光発電所において、雑草への対応は全国各地で共通する悩みとなっている。屋外で自然にさらされ続ける環境のため、施工時には一時的に雑草が少ない状態となっても、それは長続きしないことがほとんどだ。

 稼働後1~2年もたてば、ほとんどの地上設置型の太陽光発電所は、多種多様な雑草が生い茂る状態となる。

 そこで、さまざまな雑草対策が試みられている。

 例えば、関東地方の工場跡地に立地する出力約2MWのメガソーラー(大規模太陽光発電所)では、当初はクローバーを植えて雑草の育成を少しでも抑えたいと考えていた。

 しかし、この方法による抑制効果には限りがあり、またクローバーそのものが蛾の育成環境として適した状況となってしまったことから、クローバーをすべて除去した上、雑草が高く伸びてきた時には刈ったり、または、除草剤などを使う方法を組み合わせるようになった(図1)。

クリックすると拡大した画像が開きます
図1●複数種の除草剤などを試している様子。関東にある工場跡地のメガソーラー
(出所:日経BP)
クリックすると拡大した画像が開きます

 敷地内で伸びてくる雑草には、さまざまな種類がある。しかも毎年のように異なる品種の雑草が伸びてくる。一律の対策では対応できない。そこで複数種の除草剤や成長抑制剤を散布する場所を分けて効果を確かめながら使っている。

 このように、防草・除草対策はどれも一長一短で、万能な方法は現在のところ存在しない。その中で今回は、メガソーラー向けに供給実績を伸ばしている除草剤ベンダーであるレインボー薬品(東京都台東区)から見た太陽光発電所の雑草対策を紹介する。

  • 記事ランキング