特集

「メガソーラーランキング・TOP40」2020年版、100MW超が6サイトに(page 2)

九州、青森、北海道の案件を抜き、岡山の2サイトがトップ2に

2020/11/19 05:00
金子憲治=日経BP総合研究所 クリーンテックラボ
印刷用ページ

岡山県内にトップ2が立地

 トップは、「パシフィコ・エナジー作東メガソーラー発電所」の257.7MWで、2位が「瀬戸内Kirei太陽光発電所」の235MW。いずれも岡山県に立地している。200MW越えは、ここまでで、3位「ユーラス六ヶ所ソーラーパーク」の148MWを大きく引き離している(図2)(図3)。

図2●「パシフィコ・エナジー作東メガソーラー発電所」
(出所:パシフィコ・エナジー)
クリックすると拡大した画像が開きます
図3●「瀬戸内Kirei太陽光発電所」
(出所:日経BP)
クリックすると拡大した画像が開きます

 以下、4位「ソフトバンク苫東安平ソーラーパーク」の111MW、5位「ソフトバンク八雲ソーラーパーク」の102.3MW、6位「鹿屋大崎ソーラーヒルズ太陽光発電所」の100MWと続き、ここまでが100MWを越えている。

 国内の稼働済みメガソーラーのトップ争いでは、2013年5月に「日産グリーンエナジーファームイン大分」(26.5MW)が運開して以降、次々と「国内最大」を更新する巨大な太陽光発電所が稼働し始めた。2013年11月に稼働した「鹿児島七ツ島メガソーラー発電所」(71.6MW)、2014年4月に運開した「大分ソーラーパワー」(82MW)と、ここまでは、いずれも九州地方の沿岸工業地帯の未利用地を活用したケースだった。

 これは、海岸沿いの広大な工業団地の場合、もともと平坦で本格的な造成が必要ない上、工業地域のため系統連系する特別高圧送電線が近いなど、「特高メガソーラー」にとって有利な条件が揃っていたことが早期の完成につながった。海岸沿いの立地では、地震による津波のリスクがあり、プロジェクトファイナンスの組成には不利だが、九州の場合、本州の太平洋岸に比べると、相対的に津波リスクが少ないことも、資金調達を容易にした。

  • 記事ランキング