特集

「国内太陽光市場は一時停滞も再び拡大へ」、ブルームバーグNEF菊間氏・黒崎氏に聞く

メガソーラービジネス・インタビュー

2021/04/14 05:00
金子憲治=日経BP総研 クリーンテックラボ
印刷用ページ

固定価格買取制度(FIT)に入札が導入され、国内のメガソーラー(大規模太陽光発電所)の新規開発が停滞する一方、海外に比べて発電コストが高い状況が続いている。今後、国内太陽光市場は、すでに経済性を確保できる自家消費市場だけに縮小していくのか、さらなるコスト削減で野立て太陽光も継続して導入が進むのか。再生可能エネルギー市場や低炭素技術の動向や予測で実績のあるブルームバーグNEFの日本市場再生可能エネルギーアナリスト・菊間一柊氏と同日本・韓国市場分析部門長・黒崎美穂氏に聞いた。

国内太陽光のコストはインドの4倍以上

ーー前年度の調達価格等算定委員会では、国内の太陽光発電のコストが下げ止まりつつあることが明らかにされました。太陽光パネルなど、システムコストは世界的に同水準になりつつあるなか、日本の太陽光が高いのは、どんな要因があるのですか。

菊間 確かに日本の太陽光発電のコストは世界的に見てまだまだ高い水準にあります。当社の試算では、国内の野立て太陽光の均等化発電コスト(LCOE)は、2020年下期・MWh当たり124ドルで、これはインドに比べ4~5倍にもなります(図1)。

図1●日本の太陽光の発電コストは、インドの4~5倍にもなる
(出所:ブルームバーグNEF)
クリックすると拡大した画像が開きます

 この背景には、買取価格の高い固定価格買取制度(FIT)初期の認定案件に当初、運転開始期限がなかったために、設置コストを下げるインセンティブが働かなかったことがあります。元々、平坦な用地が少なく、森林伐採や造成コストがかかることに加え、こうした大規模な工事でファイナンスを確保するには、信用力のあるゼネコンなど大手企業にEPC(設計・調達・施工)を委託する必要があり、それがさらにコストアップにつながります。

 また韓国にも言えることですが、世界的に見れば、日本の野立て太陽光の規模は小さいため、固定費がかさむことになり、それも発電コストが下がりにくい要因です。

ーー経済産業省は、有識者会議の資料でブルームバーグNEFによる発電コストの予想を取り上げており、それによると、国内の太陽光の発電コストは、2025年には8.4円/kWh、2030年には5.8円/kWhという見通しになっています。

菊間 ここ数年、国内太陽光のコストが下げ止まり傾向にあるといっても、中期的にはさらに下がっていくと見ています。コスト高の背景にあったFIT初期の認定案件が完成してなくなっていく一方、中期的に見ると、設備コストはもう一段下がりますし、太陽光パネルの変換効率もさらに上がっていきます。発電コストのさらなる低下は国内でも十分に期待できます(図2)。

図2●国内太陽光の発電コストは、ここ数年下げ止まり感があるものの、中期的にさらに下がっていく
(出所:ブルームバーグNEFの資料を基に経産省が公表)
クリックすると拡大した画像が開きます

 とはいえ、ここ数年を見ると、太陽光の発電コストはようやく10円/kWhを切る程度で、まだ化石燃料による新設火力より高い状況が続きます。一方で、政策的な支援は減っていくため、太陽光の新規導入は停滞することになります。

  • 記事ランキング