特集

「国内太陽光市場は一時停滞も再び拡大へ」、ブルームバーグNEF菊間氏・黒崎氏に聞く(page 4)

メガソーラービジネス・インタビュー

2021/04/14 05:00
金子憲治=日経BP総研 クリーンテックラボ
印刷用ページ

輸入バイオマス発電は一過性

黒崎 今回、政府は洋上風力に関し、率先して大きな普及目標を掲げました。これは大変にすばらしいことです。民間企業にとっては、予見性が高まりますし、ある程度、大きな市場になれば、将来的にコストが下がっていくことも見通せます。

ブルームバーグNEFの日本・韓国市場分析部門長・黒崎美穂氏
(出所:ブルームバーグNEF)
クリックすると拡大した画像が開きます

 一般的に1GWのエネルギーインフラが市場に入ってくると、導入コストは30%下がると言われています。日本では、福島沖で浮体式の洋上風力を建設し、早くも撤退という形になりましたが、実証的に小規模で取り組んでも限界があります。

 海外では、大規模な洋上ウインドファームが稼働実績を積んでおり、入札制度によって安定的にコストが下がってきました。政府が立地に関わる法的な手続きを行い、発電事業者は機器運用コストの低下に専念できるセントラル方式が効果を上げるなど、日本が学ぶべき点は多いと感じます。日本でも入札が始まりますが、事業者が環境アセスメントを実施するなど、時間と手間がかかることから、海外並みに下がるのか、疑問もあります。

 国内では太陽光で入札を導入しましたが、応札量が伸びず期待したほどコストが下がりませんでした。洋上風力では、こうした教訓も生かして、効果的な仕組みを工夫してほしいと感じています。

ーー大規模な再エネとしては、輸入バイオマスを燃料にした大規模な発電電所が、今後、続々と稼働していきます。これらは、国内に定着するのでしょうか。

菊間 輸入バイオマスによるプロジェクトは、入札に移行後、ほとんど新規案件がないなど、一過性のものになりそうです。持続可能性に関する認証が必要になるなど、どこまでFITで支える必要があるのかが問われ始めています。

黒崎 FIT後を見通したとき、輸入バイオマスによるプラントで発電した電気に果たして買い手が付くのか。太陽光と風力に人気が集まり、なかなか買い手がみつからないという事態も予想されます。

  • 記事ランキング