特集

「メガソーラーランキング・事業認定編」、100MW超は10案件、国内最大・480MWの宇久島は?(page 2)

大規模案件で連系出力の縮小、パネル出力の変更が相次ぐ

2021/05/16 05:23
加藤 伸一=日経BP 総合研究所 クリーンテックラボ
印刷用ページ

 今回、記載された案件を、出力規模の大きさ順にみると、連系出力100MWを超えるメガソーラーは限られている。前回と同じ10カ所にとどまっている。

 トップは、引き続き、長崎県五島列島の宇久島(佐世保市)で計画されているプロジェクトで、連系出力は400MW、太陽光パネルの出力は約479.2MWとなっている(関連ニュース:宇久島の480MW、営農型は「1~2割」に、パワコンはTMEICなど検討)。

 EPC(設計・調達・施工)は九電工が担当し、太陽光パネルは京セラ製を採用した。パワーコンディショナー(PCS)は、東芝三菱電機産業システム(TMEIC)製、ドイツのSMAソーラーテクノロジー製の採用を検討している。

 現状では、工事に遅れが生じている。

 2020年中に作業員用の本格的な宿舎を建設する計画だったが、この宿舎の建設予定地の使用許可取り消しを一部の住民が佐世保市に求めたことなどが影響し、着工できていない。

 九電工によると、「新型コロナウイルス感染症の拡大防止の観点から、島外に在住している関係者の多くが宇久島に入ることを控えており、この宿舎の着工には至っていない」としている。

 しかし、「売電開始時期については、計画通りに間に合うように施工を進めていく」としている。施工期間は4年間程度と予想され、2023年度に売電を開始する計画とみられる。

クリックすると拡大した画像が開きます
クリックすると拡大した画像が開きます
●宇久島(上)の太陽光パネル設置候補地の1つ(下)
●宇久島(上)の太陽光パネル設置候補地の1つ(下)
下は2019年7月に撮影(出所:上は京セラ、下は日経BP)
クリックすると拡大した画像が開きます
  • 記事ランキング