特集

ポストFITと菅政権下の市場展望、豪雪の爪痕、本格化する大規模蓄電池――メガソーラービジネス・2021年回顧(page 3)

2021/12/25 00:16
加藤 伸一=日経BP 総合研究所 クリーンテックラボ
印刷用ページ

巨大案件の稼働、自家消費、水素の製造

 次いで、国内各地の太陽光発電所を訪問し、開発の経緯や運営の方針、独自の工夫などを紹介するコラム「メガソーラー探訪」や「新エネ・システム最前線」の記事が入った。

 新型コロナウイルス感染症の感染防止対策を優先する状況の影響を受ける中、この状況を、太陽光発電所の運営やこのコラムの取材への応対まで、新たな工夫を講じる機会としている発電事業者やO&M(運用・保守)サービス事業者も少なくない。

第14位:
日本最大・260MWのメガソーラー、美作市に稼働(2020年7月21日公開)

このほかの上位に入った関連記事:
20MWのメガソーラーを「自家消費」、浪江町で水素製造(43位、2020年5月12日公開)
「再エネ水素」と「再エネ酸素」で陸上フグ養殖(52位、2020年12月29日公開)
「山間メガソーラー」における先端的O&M、久米南町サイトの5年(87位、5月26日公開)
日向市の特高太陽光に見る、三菱UFJリース子会社の再エネ戦略(92位、1月19日公開)
「竹チップをまく」、「自動車で踏み潰す」、雑草対策を模索するエンバイオ(93位、10月29日公開)
津の51MWに見る、オリックスの「デジタル・メガソーラー管理術」(113位、4月13日公開)
関西最大121MWのメガソーラー、パシフィコ・エナジーが着工(116位、8月4日公開)

  • 記事ランキング