特集

ポストFITと菅政権下の市場展望、豪雪の爪痕、本格化する大規模蓄電池――メガソーラービジネス・2021年回顧(page 4)

2021/12/25 00:16
加藤 伸一=日経BP 総合研究所 クリーンテックラボ
印刷用ページ

「メガソーラー裁判」を読み解く

 次に上位に入ったのは、法律関係の記事となった。FIT導入から年数がたち、同制度による事業開発や制度にかかわるトラブルが増えており、訴訟にまで発展するケースが増えているようだ。

第17位: ・「メガソーラー裁判」を読み解く、市による「不許可」の有効性は?(2020年7月10日公開)

第22位: ・メガソーラー建設を巡る裁判はどのような動向ですか(2020年5月29日公開)

このほかの上位の関連記事:

太陽光発電所の譲渡に際し、特約が「公序良俗」違反に(36位、10月20日公開)

「メガソーラー裁判」を読み解く、地裁の判断はなぜ覆ったのか?(前半)(63位、6月23日公開)

  • 記事ランキング