特集

世界初、風車を点検・補修する日本のロボット

見過ごされてきた発電ロスを最小化

2020/05/13 05:00
加藤 伸一=日経BP 総合研究所 クリーンテックラボ
印刷用ページ

 「人手による高所作業」という、安全性とコストの両方から課題が大きい風車の点検や補修の作業を、ロボットで代替する動きが出てきた(図1)。

クリックすると拡大した画像が開きます
クリックすると拡大した画像が開きます
図1●ブレードを点検するロボット(上)と、人手による手法(下)
(出所:LEBO ROBOTICS)

 現在では、高所作業車を使って作業者をブレード(羽根)に近づけたり、ナセル(発電設備を収めたタワー上の筐体)を起点にロープで作業者をブレードに這うように吊り下ろすといった手法で実施されている。どちらも危険がともなうことから作業できる人材は限られ、コストは高い。

 この理由から、風力発電ではこれまで、発電量が大きく下がるような状況になるまで、法定以外の点検や補修の時期をできるだけ引き延ばしている発電事業者が多いという。この作業をロボットで代替することによって、手軽に点検や補修を実施できるとみられ、発電ロスの要因を早期に解消できるサービスの普及が期待される。

 こうした取り組みの先陣を切ったのが、日本のベンチャー企業、LEBO ROBOTICS(東京都杉並区)である。風力発電で先行する欧州でも点検や補修をロボットで代替する技術の開発が進みつつあるが、まだ事業化に成功した例はない。この中で、同社は実証機レベルではあるが、すでに国内で10カ所の風車で合計15回のブレードの点検・補修を、米国でも1カ所・1回の点検・補修を担当しており、世界初のサービスと強調している(図2)。

図2●すでにサービスの実績がある
(出所:LEBO ROBOTICS)
クリックすると拡大した画像が開きます

 同社のロボットは、ナセルを起点にロープでブレードに沿うように吊り下げる。点検作業者は、地上からこのロボットを遠隔操作する。今後、自動制御も可能にする。

 同社は、風車向けにさまざまな事業を手掛けている。同社を設立した浜村圭太郎社長が、豊田通商に在籍していた時代に風力発電向けの化成品販売を手掛けていたことが起点となっている。

  • 記事ランキング