特集

AIで解析、報告書まで自動化、IT大手の総合力を生かした太陽光ドローン点検

落雷による「モザイク状」の異常も発見

2019/07/03 05:00
加藤 伸一=日経BP総研 クリーンテックラボ
印刷用ページ

 NECグループのシステム構築会社である、NECネッツエスアイは6月24日、ドローン(無人小型飛行体)を使った太陽光パネルの点検サービスの提供を開始した(図1)。

クリックすると拡大した画像が開きます
クリックすると拡大した画像が開きます
図1●ドローンを使った太陽光パネル点検を一貫でサポート
(出所:NECネッツエスアイ)

 同社はこれまで、国内外の通信・放送関連インフラをはじめ、鉄道や高速道路、最近では、電気自動車(EV)の充電システムなど、幅広い分野のシステム構築やO&M(運営・保守)を手掛けてきた。

 太陽光発電関連でも、メガソーラー(大規模太陽光発電所)のEPC(設計・調達・施工)からO&M(運用・保守)まで、一貫したワンストップサービスを提供している。国内では施工中を含めて24カ所、合計出力約193MWの施工実績がある(EPCの関連ニュース1:スペイン・エクセリオの宮城県白石市、同県大和町・富谷町の合計出力約62MW 、同ニュース2:米ソネディックスの岩手県遠野市の46.6MW、O&Mの関連コラム:パネル単位で劣化を検出、ICや通信の検出技術を応用、海外での実績の関連ニュース:ミャンマーの7つの非電化村落に太陽光)。

 ドローンを使った太陽光パネルの点検サービスは、こうしたEPCやO&Mを手掛ける部門からの要請がきっかけとなって事業化した。

 とくに、EPCサービスを手掛けた東北地方の出力数十MW規模のメガソーラーでO&Mの受注を内定したことが大きかったという。山間部の傾斜を含む土地を歩き回って、携帯型の赤外線カメラを使い、膨大な数の太陽光パネルを点検する作業をO&Mの計画に組み込むことは、現実的ではなかった。

 ここで、EPCやO&Mの担当部門が目を付けたのが、先行してドローン関連の事業を手掛けていた部門の知見だった。

 NECネッツエスアイは、産業分野におけるドローンの活用を一貫でサポートする事業を、2015年に開始していた。応用分野や飛行する場所の条件などに合わせて、ドローンの機体の選定から、調達・販売、安全に運用するための教育やトレーニング、機体の点検や整備、修理、場合によっては、飛行の代行、データの収集や加工、収集したデータの分析までサービス範囲としている。

 さらに、NECグループ全体の人工知能(AI)の知見を生かし、ドローンで空撮した熱分布画像を解析するプロセスを自動化できないか、模索した。NECは、AI関連の技術群を「NEC the WISE(エヌイーシー・ザ・ワイズ)」と称して展開している。NECネッツエスアイには、NECのAI関連の部門と連携し、関連事業に取り組んでいる部門があり、その知見を活用したいと考えた。

システムメンテナンスのお知らせ
  • 記事ランキング