特集

ドローンでカラスを撃退! 「嫌がる音」で空中戦(page 2)

佐賀の太陽光と鳥獣撃退のベンチャー2社が開発

2019/07/17 05:00
加藤 伸一=日経BP総研 クリーンテックラボ
印刷用ページ

 新手法でカラスを撃退している太陽光発電所は、唐津市佐志の山間部に立地している(図1)。

図1●山間部に立地している
手前は、はじめて試したときに使った小型のドローン(出所:日本環境テクノ)
クリックすると拡大した画像が開きます

 設置した約3200枚の太陽光パネルのうち、カラスが石などを咥えて飛来し、太陽光パネルの上に落とすことで、これまでに7枚のパネルが割られていた。さらに、フンによる被害やさまざまな悪戯も含めて、カラスによる被害に悩まされてきた。

 太陽光パネルの下に植えている約3000本のシイタケの木に糞尿をかけられたり、カバーガラスが割れていた太陽光パネルの上に、割れた茶碗がのっていたこともある。

 近隣の農家なども、カラスの被害に苦しんできた。イチゴを栽培しているビニールハウスに穴をあけたり、栽培中のタバコの苗を引き抜いたり、豚舎や牛舎では、飼料を食べるだけでなく、エサの中にフンを落としていくため、家畜が病気になる原因にもなっている。

 同社はこれまで、別の太陽光発電所で追尾式の架台システムを採用するなど、小室光春代表取締役のアイデアを積極的に事業化してきた。

 カラス対策でも、これまでさまざまな既存の手法を取り入れ、効果を試してみた。

 例えば、カラスがとまりやすい、アレイ(太陽光パネルを架台に固定する単位)の最上部に釣り糸を張り、足に釣り糸が絡むことを嫌がる効果を狙ったり、カラスが嫌がるタイプのフラッシュ光をLEDで上空に向けて発する機器を設置したりしたほか、爆竹やロケット花火、エアーガン、反射テープなど、さまざまな方法を試した。しかし、どの手法も決め手となるような効果は得られなかった。

 このうち、フラッシュ光を上空に向けて発する機器は、電柱の営巣対策向けに開発・製品化されたもので、電力会社に広く採用されているだけでなく、国内のメガソーラー(大規模太陽光発電所)でも採用が広がっている。

 しかし、この太陽光発電所では、十分な効果を発揮したのは当初だけで、持続的な効果はなかったという。カラスが飛散したのは設置後、約1週間にとどまり、その後は、慣れてしまい再び寄りつくようになり、この機器の上にカラスがとまったり、さらには、LEDの発光部の上にフンを落とし、光が出ない状態になったという。

 こうした状況の中、日本環境テクノの小室代表取締役は、鳥獣害防止システムを開発しているベンチャー企業である、ECO-5(佐賀市)の開発した「音声によるカラス撃退法」を知り、太陽光発電所に導入して効果を確かめることにした。

  • 記事ランキング