特集

「火を噴くジャンクションボックス」、NTT西の新会社がドローン点検で発見(page 5)

AIで分析の効率化を急ぎ、風力でも実績を伸ばす

2019/08/21 00:58
加藤 伸一=日経BP総研 クリーンテックラボ
印刷用ページ

 このほか、鳥のフン、枯葉、チリ、火山灰による汚れ、セル(発電素子)の割れ、その他、初期不良の影響、ストリング(パネルを接続した単位)での断線や不具合による過熱も発見してきた(図3)。

クリックすると拡大した画像が開きます
クリックすると拡大した画像が開きます
クリックすると拡大した画像が開きます
クリックすると拡大した画像が開きます
クリックすると拡大した画像が開きます
クリックすると拡大した画像が開きます
クリックすると拡大した画像が開きます
クリックすると拡大した画像が開きます
  • 記事ランキング