特集

「ロボットの自動除草」に最適設計したLIXILのメガソーラー

パワコン周辺のエラー対策に、ワイヤー敷設の工夫と夜間の走行

2020/08/26 15:00
加藤 伸一=日経BP 総合研究所 クリーンテックラボ
印刷用ページ

 三重県伊賀市の丘陵にある工業用地の一角に、住宅設備や建材の大手であるLIXILの青山サービスパーツセンターがある。この敷地内に、太陽光パネルの出力が約2.448MW、連系出力が1.5MWのメガソーラー(大規模太陽光発電所)がある。

 同社は、本業における建物向けの太陽光発電設備の販売に加えて、自社での発電事業にも積極的に取り組んでいる。おもに遊休地を活用し、8カ所・合計出力約31MWの太陽光発電所を開発・運営している。

 2019年11月には、再生可能エネルギー100%で事業運営を賄うことを目指す国際イニシアティブ「RE100」に加盟した。これによって、自社の太陽光発電事業はさらに重みを増している。今後は「再エネ100%」の達成に向けて、自家消費用の太陽光発電所の開発も検討していく。

 開発した太陽光発電所のうち、京都府綾部市の綾部工場跡地のメガソーラーは、東京ガスグループに売却している(売却のニュース2016年5月掲載のメガソーラー探訪)。

 青山サービスパーツセンターの敷地内のメガソーラーは、2019年11月に売電を開始した、比較的新しい発電所である。

 敷地内の遊休地を活用した。太陽光発電所の面積は、約2万7000m2となっている。

 EPC(設計・調達・施工)サービスはきんでん、O&M(運用・保守)はアドラーソーラーワークス(横浜市港北区)が担当している。太陽光パネルは中国の無錫サンテックパワー製、パワーコンディショナー(PCS)はサンケン電気製の小型機を採用した。いわゆる分散型のPCSで構成する発電所となっている。

 固定価格買取制度(FIT)上の売電単価は24円/kWh(税抜き)で、中部電力に売電している。

 このメガソーラーの特徴は、自律的に稼働するロボット型の芝刈機を使うことを前提に設計したことである(図1)。

クリックすると拡大した画像が開きます
図1●LIXILの青山サービスパーツセンターの太陽光発電所
(出所:日経BP)
クリックすると拡大した画像が開きます

 長期にわたる発電事業において、多くの費用や手間を要す雑草対策を考慮して発電所を設計することは、国内のメガソーラーのあるべき方向性ともいえる。初期投資を抑えることを最優先する場合よりも、長期的に投資収益性が高まる可能性もある。

  • 記事ランキング