特集

除草剤の散布で新手法が続々、ドローンや草刈機を活用

30kgを背負う重労働から解放

2021/09/08 14:30
加藤 伸一=日経BP 総合研究所 クリーンテックラボ
印刷用ページ

 太陽光発電所における除草剤の散布を、ロボットを使って効率化する動きが出てきた。化学薬剤を散布する作業では、効率化の大きな余地が残っている。

 今回は、ドローン(無人小型飛行体)やラジコン式草刈機を使った手法を紹介する(図1)。

図1●ドローンで除草剤を散布している様子
(出所:日本環境テクノ)
クリックすると拡大した画像が開きます

 農業などでは、無人航空機や無人ヘリコプターなどを使って、除草剤の散布作業を効率化している場合がある。空中から化学薬剤を散布する。

 しかし、この手法を太陽光発電所で採用するのは難しい。空中から散布した除草剤の多くは、太陽光パネルにかかってしまうからだ。

 地面に散布される割合が減る上、パネル表面の汚れにもつながりかねない。太陽光パネルメーカーは、化学薬剤のかかったパネルに何らかの異変が生じたとしても、保証の対象外とすることがほとんどである。

 地上を走りながら除草剤を散布する農業向けのロボットもあるが、構造物のない広い農地を想定しているために、車体が大きい。現状では、太陽光発電所で使うのは難しい。

 ロボットを使った除草剤の散布の利点は、大きく2つある。1つは、散布の作業における身体的な負担が大きく軽減されることにある。

 従来のような、すべて人手による散布作業は、化学薬剤が入ったタンクを背負い、このタンクの下に接続されたブロワーのような機器を使って、地面に除草剤を散布するという手法である。

 この「背負い式」は、背負う機器の重さだけで10kgある。除草剤をタンクに入れるので、さらに重量が増す。例えば、合計30kgを背負って、メガソーラーの広い敷地を歩き回るのは、かなり重労働である。

 ロボットを使えば、この背負う負担がなくなる。さらに、散布する速度も速くできる。

 もう1つの利点は、散布を自動化することで、作業者に求められていた経験や感覚に依存する度合いが減ることである。誰でもできる状況に近づく。

 従来の「背負い式」による粒状の除草剤の散布では、面積当たりの適量を散布し続けることが難しく、濃淡が生じる場合があった。

 例えば、散布を始めて間もない時間には、心理的に、適量よりも少なく散布する傾向がある。こうした散布エリアでは、粒状の化学薬剤が適量より少ないため、除草効果が十分に発揮されないこともある。

 ロボットであれば、ずっと同じペースで除草剤を散布でき、人手によるばらつきを解消しやすくなる。

  • 記事ランキング