特集

除草剤の散布で新手法が続々、ドローンや草刈機を活用(page 2)

30kgを背負う重労働から解放

2021/09/08 14:30
加藤 伸一=日経BP 総合研究所 クリーンテックラボ
印刷用ページ

汎用の機種で散布、太陽光ならではの注意点も

 ドローンでは、汎用の機体を使うことができる。ドローンの世界最大手である中国の大疆創新科技(Da-Jiang Innovations Science and Technology:DJI)製の農薬散布向けの機体を利用できる。

 太陽光発電所では、粒状の除草剤が多く使われている。粒状の化学薬剤を散布する場合、この農薬散布向けの機体と、粒状の除草剤を散布するためのユニットを組み合わせる(図2)。

クリックすると拡大した画像が開きます
図2●太陽光パネルに除草剤がかからないように低く飛ぶ
図2●太陽光パネルに除草剤がかからないように低く飛ぶ
(出所:日本環境テクノ)
クリックすると拡大した画像が開きます

 ドローンの飛行と同じコントローラで操作できる利点もある。

 また、粒状の除草剤向け散布ユニットは、最大で10kgの化学薬剤を搭載できる。

 この機種を、太陽光発電関連やドローンのスクール運営などを手掛けているベンチャー企業の日本環境テクノ(佐賀市大和町)が活用し始めた。

 日本環境テクノの小室光春代表取締役によると、太陽光発電所における粒状除草剤の散布に、このドローンを使いこなすコツは2つある。いずれも、太陽光パネルに化学薬剤がかからないようにするための工夫である(動画1)。



動画●ドローンで除草剤を散布している様子            (出所:日本環境テクノ)

 1つは、アレイ(太陽光パネルを架台に固定する単位)の間を低く飛び、太陽光パネルからの距離も約50cmという近さで飛ばすことである。パネルに除草剤をかけない距離で、かつ、パネルにぶつからないように飛行する。

 もう1つは、除草剤の散布ユニットの向きなどである。タンクに搭載した粒状の除草剤は、設定した速度と量で散布される。化学薬剤を放出する吐出口に粒状の除草剤を送り込む部材の回転数、吐出口付近にあるシャッターの開放時間の設定で、散布する速度と量が決まる。

 太陽光パネルに薬剤がかからないようにするためには、吐出口が特定の方向を向くように飛行する必要がある。また、吐出速度の設定を誤ると、一定範囲への散布量が過剰に多くなったり、少なくなったりしてしまう。

 日本環境テクノでは、粒状の除草剤をドローンで散布する作業は受託しない方針という。ただし、同社のドローンスクールの卒業生が、卒業後に同社からこの機体を購入する例が多いといい、需要が多そうだとしている。

  • 記事ランキング