特集

除草剤の散布で新手法が続々、ドローンや草刈機を活用(page 3)

30kgを背負う重労働から解放

2021/09/08 14:30
加藤 伸一=日経BP 総合研究所 クリーンテックラボ
印刷用ページ

ラジコン型草刈機が「1台で2役」、除草剤も散布

 ドローンを使う方法は、この機種を保有するか、保有者に委託しないと実現できない。汎用機とはいえ、農薬散布を目的とする機種のため、保有している太陽光発電事業者やO&M(運用・保守)サービス事業者は限られる。

 日本環境テクノでは、より一般的に太陽光発電事業者が保有している機器を使って、効率的に粒状の除草剤を散布できないか、模索してきた。思いついたのは、ラジコン型草刈機を使う方法だった。

 同社では、太陽光発電所において、素早く手軽に雑草を刈れるラジコン型草刈機を採用している。

 APEX JAPAN(大分市大在北)が開発した機種で、日本環境テクノのアイデアで、太陽光発電所向けに改良した機種である(関連コラム)。APEX JAPANは、このように用途に応じた改良やカスタマイズに強みがあるという。

 日本環境テクノでは、カスタマイズできる強みを生かして、APEX JAPAN製のラジコン型草刈機に、粒状の除草剤を散布できる機能を追加できないか、検討してきた。

 粒状の除草剤向けタンクと散布ユニットを用意し、除草剤の散布に使う時に、ラジコン型草刈機に取りつける(動画2)。草刈りの際には、取り付けない。



動画●草刈機で粒状の除草剤を試験的に散布している様子         (出所:日本環境テクノ)

 粒状の化学薬剤は、草刈りの後に散布するのが最も効果が高くなると言われる。刈った状態の茎から、除草剤の成分が吸収されやすいからである。

 草刈りの翌日、粒状の除草剤を散布するといった使い方ができる。こうした「1台で2役」を担えるのも、ラジコン型草刈機の新たな可能性といえる。

 除草剤用のタンクには、約1kgの粒状の除草剤を収納できる。このタンクを2つ取り付けるので、一度の補充で2kgの粒状除草剤を搭載できる。

 試作機が完成し、テストをはじめている。

  • 記事ランキング