特集

太陽光パネルの下、40度の急斜面も除草できるラジコン型草刈機

100万円を切る価格で、乗用型の市場も狙う

2019/09/18 05:00
加藤 伸一=日経BP総研 クリーンテックラボ
印刷用ページ

 農機メーカー大手のクボタが、ラジコン型の草刈機を製品化した。特徴は、法面などの急な斜面に強く、最大で40度の傾斜角でも安定した草刈りが可能なことである(図1動画1)。

図1●40度の斜面でも安定
(出所:クボタ)
クリックすると拡大した画像が開きます

動画1●斜面の雑草を刈る様子
(出所:クボタ)

 また、高さが約60cmと低いため、太陽光パネルの下を潜り抜けながら刈ることができる。アレイ(太陽光パネルを架台に固定する単位)の低部側のパネルの下は、太陽光発電所において、最も雑草をしっかり刈りたい場所で、パネル下を潜り抜けながら刈れる点は強みとなる。

 製品名は「ARC-500」。希望小売価格(消費税8%込み)は99万7920円と、100万円を切る。ラジコン型草刈機は、一般的に100万円を超えた価格帯になり、海外メーカー製では300万円以上が多い。

 100万円以下という価格は、乗用型草刈機の価格帯を意識したという。乗用型草刈機で多く使われている機種では、オーレック(福岡県広川町)製(関連コラム1)が約100万円、筑水キャニコム(福岡県うきは市)製(同コラム2同コラム3)が約150万円で、「ARC-500」はこれらをさらに下回る。

 クボタによると、法面に強いラジコン型草刈機は、農機メーカーが直面している経営課題を解消し、かつ、日本の農業全体が抱えている課題の解消に寄与できることから開発・製品化した。

  • 記事ランキング