特集

基礎やフェンスの際、雑木や竹まで刈れる、電動ならではの多機能草刈機

アタッチメントを換えるだけで機能が変わる

2019/10/30 05:00
加藤 伸一=日経BP総研 クリーンテックラボ
印刷用ページ

 太陽光発電所において、究極的な草刈りは、人は何もせず、全自動の草刈機が敷地の中を走り回り、隅々まで雑草を刈るというものである。しかし、現状では、このような理想からは遠い。

 現状で最も作業効率に優れる乗用型草刈機は、面積当たりの処理効率が高い一方、基礎やフェンスの間際に生えた雑草を刈りにくい。

 運転席の下に回転刃があるため、アレイ(太陽光パネルを架台に固定する単位)に近づいて雑草を刈ろうとすると、車体がぶつかってパネルを損傷させたり、逆に運転者が負傷したりする事故につながる。

 そこで、現在は、アレイ間などの広い場所で乗用型草刈機を使い、基礎やフェンスなどの直近は、後から刈払機や鎌で手刈りするという手法が一般的となっている。

 作業者が遠隔操作するリモコン型でも、やはり車体下に回転刃があり、刃を基礎やフェンスに当てて、間際まできれいに刈るのは難しい。

 こうしたなか、リモコン型でも、「基礎やフェンスの際まで、雑草を刈りつくす」ことができる機種が登場した(動画1)。

動画1●基礎やフェンスの脇まで刈れる
(出所:ササキコーポレーション)

 農業機械や除雪機メーカーのササキコーポレーション(青森県十和田市)が製品化した電動式リモコン型草刈機「smamo(スマモ)」である。アタッチメントと呼ぶ回転刃のユニットを付け替えることで、「広い場所」と「基礎やフェンスの際」の両方に対応できる。

 元々、全長約1mの走行ユニットの前方に、草刈り用のアタッチメントを装着する仕様で、設備の際まで刈るときには、専用のアタッチメントに換える(図1)。

図1●際刈りアタッチの概要
(出所:ササキコーポレーション)
クリックすると拡大した画像が開きます

 「基礎やフェンスの際」用のアタッチメントは、この秋に製品化した。同社では、際刈りアタッチと呼んでいる。

 同社によると、アタッチメントの着脱によって、異なる条件の草刈りに対応できることは、電動の草刈機ならではの利点で、開発当初から、この特徴を生かすことを狙っていた(関連コラム)。

  • 記事ランキング