特集

基礎やフェンスの際、雑木や竹まで刈れる、電動ならではの多機能草刈機(page 4)

アタッチメントを換えるだけで機能が変わる

2019/10/30 05:00
加藤 伸一=日経BP総研 クリーンテックラボ
印刷用ページ

ノコギリ刃を回して竹を刈る

 竹を刈るアタッチメントは、太陽光パネルの下から、パネルを突き破るような勢いで竹が伸び、困っている発電所を知って着想した(関連コラム:竹が伸び、太陽光パネルを下から突き破る!?)。

 既存の草刈アタッチメントは、親指ほどまでの太さであれば、雑木や竹を刈ることもできる。ただし、カバーの中で刃が回っているので、木を巻き込んで刈る点では限界がある。

 竹だけでなく、比較的、太くなる前の雑木も刈れるアタッチメントを製品化できれば、全体を効率的に刈りつつ、竹や雑木のように、本数は少ないものの、強く太い植物も、同じ1台の草刈機で刈れる。O&M(運用・保守)サービス事業者など、除草を担う企業に需要があるのではないかと考えている。

 試作した竹刈り用のアタッチメントは、「際刈り用」と同じような折り畳みの構造だが、カバーが半分、空いていて、回転するノコギリ刃を竹や雑木に直接、当てられる(図4)。これによって、素早くスパッと切り倒せるという。

図4●竹刈り用にはノコギリ状の回転刃
(出所:日経BP)
クリックすると拡大した画像が開きます

 試作した竹刈り用のアタッチメントは、竹林だけでなく、すでに太陽光発電所でも使い、効果を確かめている。

 同社の近隣に、太陽光パネルの裏側に、竹が伸びてパネルに触れている状態の発電所があることを知り、協力を得て試験的に刈った(動画2)。竹の太さは約20mmだった。

動画2●試作した竹刈り用のテストの様子
(出所:ササキコーポレーション)

 この太陽光発電所は、元々、敷地内に竹は伸びていなかった。稼働後に、近くの竹林から、侵食してくるように広がり、気づいた時にはこの太陽光発電所にも竹が生えて伸び、パネルの裏に届くようになってしまった。

 こうした推移や現在の様子を見る限り、今後、敷地内にはより多くの竹が伸びるようになり、パネルの裏側まで伸びてくる本数も増えると予想される。

 単管による架台の支柱は、約1mおきに配置されている。この間を十分、走行でき、パネル裏に伸びている竹は、すべて安全、かつ正確に刈れたとしている。

  • 記事ランキング