特集

「ルンバ」のような自律走行型ロボットが草刈り、姫路の低圧太陽光

無人の敷地内を毎日こまめに走行して自分で充電

2019/12/25 05:00
加藤 伸一=日経BP総研 クリーンテックラボ
印刷用ページ

 兵庫県加西市のスポーツ用グラウンドの跡地に、太陽光パネルの出力約126.3kW、連系出力49.9kWの太陽光発電所がある。低圧配電線に接続し、関西電力に売電している。固定価格買取制度(FIT)に基づく売電単価は、21円/kWh(税抜き)となっている。

 この低圧太陽光発電所には、他にはあまり見ない、いくつかの特徴がある。その1つが、「理想的な除草の実現」で先行していることである(図1)。

クリックすると拡大した画像が開きます
クリックすると拡大した画像が開きます
図1●毎日刈っているので、芝生のようにきれいに
(出所:日経BP)
クリックすると拡大した画像が開きます

 米iRobot社の室内用ロボット掃除機「ルンバ」による室内の清掃のように、自律走行型の「ロボット除草機」が草を刈りながら敷地内を動き回り、充電量が減れば充電器まで自分で戻り、充電した後に、再び刈り途中の持ち場に戻って草を刈りはじめる――こんな手間いらずの除草が実現している。

 草を刈るために走行する時間帯はあらかじめ設定し、無人でも、その時間帯は敷地内を自律的に走り回り、草を刈るという仕様は、太陽光発電所の除草対策として、理想的なものといえる。

 グラウンドの跡地という、傾斜がなく平らな土地に立地していることで、実現した面が大きい。傾斜や凹凸の大きな場所では、なかなか難しいだろう。

 採用したのは、企業の一般的な事業所や住宅の庭などで使われているロボット型「芝刈機」である。スウェーデンの林業・農業・造園向け機器メーカーであるハスクバーナが製品化した(関連コラム)。

 発電事業者の姫路インザイ(兵庫県姫路市)が、先進的な発電設備やO&M(運用・保守)に取り組むなかで、このロボット除草機もいち早く採用した。

  • 記事ランキング