特集

来訪者を2倍に増やした米子のメガソーラーのヤギ、現在は「マスコット役」に専念

ヒツジとの性質の違いを把握し、適切に活用

2019/11/27 06:00
加藤 伸一=日経BP総研 クリーンテックラボ
印刷用ページ

 鳥取県米子市にある太陽光パネル出力・約43MW、連系出力・28MWのメガソーラー(大規模太陽光発電所)「ソフトバンク鳥取米子ソーラーパーク」には、周辺地域の環境活動を紹介する施設「とっとり自然環境館」がある。同館において10月中旬、幼稚園児と高校生がヤギに触れつつ、再生可能エネルギー発電を学ぶイベントが開催された(図1)。

クリックすると拡大した画像が開きます
クリックすると拡大した画像が開きます
図1●この日は幼稚園児と高校生が来館
(出所:日経BP)
クリックすると拡大した画像が開きます

 同館は、メガソーラーの事業用地内に立地し、発電設備に隣接している。「ソフトバンク鳥取米子ソーラーパーク」の太陽光発電設備だけでなく、鳥取県内の他の再エネ発電所、近隣地域の自然保護活動などを紹介している。

 鳥取県は2013年9月に経済産業省から次世代エネルギーパークに認定された。これは、住民が再エネの理解を深めつつ、街づくりに生かすことを目指す自治体を支援する制度である。これを具現化する施設の一つが、同館となっている。

 「鳥取米子ソーラーパーク」は、ソフトバンクグループのSBエナジー(東京都港区)と三井物産が設立した特定目的会社(SPC)が開発・運営している。2014年2月に売電を開始してから、約5年半が経つ。

 ヤギは当初、メガソーラーの除草対策の検証を兼ねて導入された。現在は、同館のマスコット・キャラクターのような存在となり、来館者や近隣の通行者を癒している。

システムメンテナンスのお知らせ
  • 記事ランキング