特集

「千葉大停電」下でも、道の駅と住宅に電気と熱を供給

「地域活用電源」の先駆者・CHIBAむつざわエナジー

2020/04/03 05:00
金子憲治=日経BP 総合研究所 クリーンテックラボ
印刷用ページ

全町域停電の暗闇に「灯り」

 2019年9月9日に関東地方を直撃した台風15号では、千葉県の広範囲が大規模な停電に陥った。同県東部に位置する睦沢町でも、一時的に町の全域が停電した。町域すべてが復旧したのは11日になり、町民の多くが3日間、電気のない生活を余儀なくされた。

 そんななか、町内に建設されていた「むつざわスマートウェルネスタウン」にある道の駅と隣接する住宅には、9日の夜、停電で町内が暗闇に包まれるなか、照明が灯っていた。翌10日からは、周辺住民に温水シャワーを無料で提供し、延べ800人が利用するなど、災害復旧に大きく貢献した(図1)(図2)。

図1●町内全域が停電のなか、道の駅に電気を供給した
(出所:CHIBAむつざわエナジー)
クリックすると拡大した画像が開きます
図2●町内全域が停電のなか、住宅に電気を供給した
(出所:CHIBAむつざわエナジー)
クリックすると拡大した画像が開きます
  • 記事ランキング