特集

「着床してもOK」、土木の知見で開発された異色の水上太陽光フロート

安全性を徹底、コストを上げても防火対策を強化

2020/04/22 06:00
加藤 伸一=日経BP 総合研究所 クリーンテックラボ
印刷用ページ

 兵庫県加西市にある農業用ため池「野田池」で2019年9月、池の水面に太陽光パネルを浮かべた水上太陽光発電所が売電を開始した(図1)。

クリックすると拡大した画像が開きます
クリックすると拡大した画像が開きます
図1●「野田池」の水上太陽光発電所
(出所:日経BP)
クリックすると拡大した画像が開きます

 ため池の多い兵庫県や香川県を中心に、国内では多くの水上太陽光発電所が稼働している。その中で、「野田池」の水上太陽光は、他の水上案件とは異なる特徴がある。低圧配電線に連系していること、両面発電の太陽光パネルを採用していること、パネル2枚ごとに遠隔監視・制御できるシステムを採用していることなどに加えて、野田池が年に一度、水を抜く運用をしている点にある(関連コラム:「水を抜く池」で低圧の水上太陽光)。

 水上太陽光発電所で、最も嫌われる管理の一つが、この「水を抜く」ことである。そんな中、こうした運用の池をあえて選んで水上太陽光を開発・運営しているのは、地元で印刷材料を手がけている姫路インザイ(兵庫県姫路市)である。

 水を抜くのは、ため池の管理・運営上の理由である。池の底を定期的に乾かすことで、堤体や底の強度が増すという。

 しかし、水を抜けば、太陽光パネルが固定されたフロート架台が池底に着床する。底の凹凸などの状況によっては、フロートが傾くなど設備の損壊につながる。再び池に水を張った時に、着床していたフロートが再び水に浮かぶ時にも設備が損壊する恐れがある。

 このリスクから、フロートメーカーの多くは、着床する可能性のある池での採用に難色を示している。

 そこで、姫路インザイでは、着床に耐えうるフロートが必要になった。採用したのは、環境資源開発コンサルタント(大阪市北区)製だった。

 同社のフロート架台は、着床での使用も可能など、既存の他のフロートとはまったく異なる発想で設計されている。実際に、野田池のほかにも定期的に水を抜くため池での採用実績がいくつかあり(図2)、姫路インザイでも他の池で着床している状態の様子を見たうえで採用を決めた。

クリックすると拡大した画像が開きます
クリックすると拡大した画像が開きます
クリックすると拡大した画像が開きます
図2●二つの池の着床している時期の様子
比較するために、それぞれ水のある時期の画像も掲載(出所:環境資源開発コンサルタント)
クリックすると拡大した画像が開きます
  • 記事ランキング