特集

蓄電池によるピークカットで経済性、将来は太陽光と連係制御

米原市で太陽光と蓄電池を導入した三友エレクトリック

2020/04/07 05:00
金子憲治=日経BP 総合研究所 クリーンテックラボ
印刷用ページ

本社工場に350kWの太陽光

 滋賀県米原市は、近畿地方にありながら、雪の多いことで知られる。西にびわ湖、東に県内最高峰・標高1377mの伊吹山があり、湿った空気が日本海とびわ湖を通って同山にぶつかって大雪をもたらす。東海道新幹線でもこの区間、車窓から雪景色を目にすることが多い。

 三友エレクトリック(米原市)は、この地に本社と生産拠点を構え、電源盤や電源装置などを製造している。従業員165人、売上高23億1000万円(2018年度)のEMS(電子機器製造受託サービス)企業だ(図1)。

図1●米原市にある三友エレクトリック本社
(出所:三友エレクトリック)
クリックすると拡大した画像が開きます

 同社は2013年12月、本社工場の一部に出力100kWの太陽光発電設備を設置した。さらに2015年3月には、250kW分増設して、合計出力350kWとした。元々、市に貸していた土地で、グラウンドとして利用されていたが、契約期間が満了して返却されていた。

 全国有数の積雪地域で日照時間も全国平均を下回るなど、必ずしも太陽光発電に向かない土地柄にも関わらず、敷地内に太陽光パネルを設置したのは、同社の事業ともかかわりがある。パワーエレクトロにクスの知見を持つことから、太陽光発電システムの心臓部ともいえるパワーコンディショナー(PCS)の製造受託なども手がけてきたからだった(図2)。

図2●敷地内に設置した太陽光発電所
(出所:三友エレクトリック)
クリックすると拡大した画像が開きます
  • 記事ランキング