特集

20MWのメガソーラーを「自家消費」、浪江町で水素製造

水電解による「需給調整力」のビジネスモデルも検証

2020/05/12 05:00
金子憲治=日経BP総合研究所 クリーンテックラボ
印刷用ページ

帰宅困難地域にメガソーラー稼働

 福島県浪江町は、海と山の豊かな自然に恵まれ、請戸川沿いに集落や田畑が広がる。福島第一原子力発電所から最も近いところで4km余り。2011年3月、東日本大震災後の原発事故により、全域に避難指示が出され、町民全員が避難生活を余儀なくされた。

 2018年3月末、沿岸から東部でようやく避難指示が解除され、道路や電気・ガスなどのインフラはほぼ正常化し、少しずつ商店や事業所が再開し始めている。とはいえ、いまだに町域の約8割は帰還困難区域になっており、復興の歩みは緒に就いたばかりだ。

 同町には、県内でも有数の規模になる3つのメガソーラー(大規模太陽光発電所)プロジェクトがある。今秋までにはすべて完成し、復興のけん引役になりつつある。

 今年2月、内陸に位置する酒井地区に太陽光パネルの出力約60MW(連系出力36MW)のメガソーラー「浪江酒井第一・第二太陽光発電所」が稼働した。これは帰還困難区域に稼働した初めての案件になる。事業主体は、芙蓉総合リースの連結子会社である浪江酒井ソーラーになる(図1)。

図1●「浪江酒井第一・第二太陽光発電所」
(出所:芙蓉総合リース)
クリックすると拡大した画像が開きます

 同地区に隣接した谷津田地区の旧居住制限区域にも、太陽光パネルの出力約60MW(連系出力40MW)のメガソーラー「浪江谷津田復興ソーラー発電所」の建設が進んでおり、今年10月には完成する予定だ。事業主体は、福島県などが出資した福島発電(福島市)のほか、三菱UFJリース、三菱総合研究所の出資する浪江谷津田復興ソーラーになる(図2)。

図2●「浪江谷津田復興ソーラー発電所(完成予想図)」
(出所:三菱総合研究所)
クリックすると拡大した画像が開きます

 2つのメガソーラーは、遊休農地を大規模に転用し、発電設備を建設した。FITによる売電単価は24円/kWhで、東京電力パワーグリッド(東電PG)に全量売電する。福島発電などの出資した福島送電(福島市)が建設・運営する高圧送電線を通じて、福島第一原発まで電気を送り、そこからは東電PGの系統で、東電管内に電気を供給する。

  • 記事ランキング