特集

IHI、相馬市で「再エネ水素」からアンモニア製造

メガソーラー電力を自営線供給、余剰分を水素と熱に

2020/06/09 05:00
金子憲治=日経BP 総合研究所 クリーンテックラボ
印刷用ページ

メガソーラーの余剰電力で水素製造

 今年3月31日、福島県相馬市にある「そうまIHIグリーンエネルギーセンター」内に水素研究棟「そうまラボ」が完成した。研究棟では、再生可能エネルギー由来の電気で製造した水素を使い、メタンやアンモニアを合成する技術などの検証に取り組む(図1)。

図1●完成した水素研究棟「そうまラボ」
(出所:日経BP)
クリックすると拡大した画像が開きます

 「そうまIHIグリーンエネルギーセンター」は、IHIと相馬市が連携したスマートコミュニティ事業で、再エネの地産地消や防災機能の強化、地域活性化を目的にしている。技術実証の1つに「水素エネルギー」の活用を掲げ、2018年4月に開所していた。

 同センターには、出力1.6MWのメガソーラー(大規模太陽光発電所)があり、その発電電力は、すでに自営線を使って近くにある「相馬市下水処理場」に送電している(図2)。

図2●「そうまIHIグリーンエネルギーセンター」内のメガソーラー
(出所:日経BP)
クリックすると拡大した画像が開きます

 ただ、供給先の下水処理場の最大負荷は約200kWなので、快晴だとかなりの余剰電力が発生する。そこで、余剰分の使い道として、電気ボイラーによる下水汚泥乾燥設備と、水電解装置による水素製造設備、蓄電池システムを併設した。ボイラーで作った蒸気はアキュムレーターに、水電解で作った水素はタンクに蓄えておく。

 これまで、水素製造設備は、需給バランスに活用した場合の水電解装置の応答性や水素製造の効率性などを検証してきたが、今春に完成した「そうまラボ」によって、余剰電力で製造した水素を有効に活用できるようになる(図3)。

図3●センター内に設置された水素タンク
(出所:日経BP)
クリックすると拡大した画像が開きます
  • 記事ランキング