特集

太陽光だけで「再エネ比率36%」、北上市のスマコミ事業

屋根上太陽光の電気をLED照明に「高圧直流」送電

2020/07/07 05:00
金子憲治=日経BP 総合研究所 クリーンテックラボ
印刷用ページ

19カ所に太陽光と蓄電池

 事業活動に必要な電力需要を「再生可能エネルギー100%」で賄うことを目指す動きが国内外で活発化している。世界的に導入量が急増している太陽光発電は、いまや再エネの花形となったが、晴れた昼間に発電量が集中するため、太陽光だけで事業所や住宅の全電力需要を賄うのは難しい。太陽光だけでは、再エネ比率20~30%がやっとで30%を超えるのは難しい、というのが実態だ。

 こうしたなか、太陽光からの電力だけで、「再エネ比率36%」を実現している再エネプロジェクトがある。「北上市あじさい型スマートコミュニティ構想モデル事業」がそれだ。

 岩手県南西の内陸部に位置する北上市は、1991年に北上市、和賀町、江釣子村の3市町村が合併して誕生した。早くから工業団地の造成や企業誘致に積極的に取り組み、幅広い業種の企業が立地する県内トップの工業集積地となっている。

 東日本大震災では、震度5強を記録し、数日間にわたって停電や断水、通信や交通が途絶し、市民生活が困窮した。停電によって通信インフラが寸断され、本庁の災害対策本部と地域の避難所が相互に情報を共有できず、迅速な対応に大きな課題を残した。

 こうした反省に立ち、同市は新しい街づくりに取り組んできた。その1つが、「あじさい型スマートコミュニティ構想モデル事業」だ。市の本庁舎と16地域の拠点などに再生可能エネルギーを導入して、自立運転できるようにし、災害に強い持続可能な都市を目指す。事業費は総額約16億円で、そのうち約5億円を国からの補助金で賄った(図1)。

図1●「北上市あじさい型スマートコミュニティ構想モデル事業」の対象施設
(出所:北上市)
クリックすると拡大した画像が開きます

 「あじさい」とは、市を構成する各地域を花になぞらえ、それぞれが輝きつつ、全体が結びつくことで、大輪の花を咲かせる、というイメージを表している(図2)。

図2●北上市内に咲いたアジサイの花
(出所:日経BP)
クリックすると拡大した画像が開きます
  • 記事ランキング